【金】アナン、米「備蓄石油」、中東通信2本、
   メルケル首相の「手腕」

執筆者:フォーサイト編集部 2018年8月24日
タグ: メルケル 国連

昨日午後、下記の2本をアップロードしました。

真の「国連人」だったアナン事務総長(国際機関の部屋・鈴木一人さん)8月18日に死去した、ガーナ出身のアナン元国連事務総長。冷戦が終わり、国連の役割が限界に直面した大変動の時代の中で、さまざまな改革に乗り出した「国連人」でした。

 

米国「戦略石油備蓄」一部放出は原油価格に影響ありやなしや(エネルギーの部屋・岩瀬昇さん)米国には無尽蔵のエネルギー資源がある、と思い込んでいるフシがある大統領。今回の施策は、果たして油価にどれだけの影響があるのでしょうか。

 

そして「池内恵の中東通信」にも、下記2本の更新情報が。

サウジアラムコのIPOの中止がついに決定との報道かねてより「延期」だ「中止」だと囁かれていましたが、ロイターによれば、正式に中止とか。事実であれば、象徴的な意味が大きそうです。

 

サウジのエネルギー政策の行方を読むには「サウジアラムコIPO断念報道」に関連し、池内さんがフォーサイトのなかで読むべき岩瀬昇さんの貴重な情報の数々を紹介してくださっています。

 

もちろん、こちらも。「トランプ『今日のつぶやき』」弁護士の裏切りに元選対本部長の有罪判決と、悪い知らせが続いたトランプ大統領。愛人に対する口止め料の支払いを指示していたとなれば、大統領も道連れになるのでしょうか。

 

そして今朝の更新情報は、こちら。

「カスピ海」と「バルト海」で板挟み「メルケル首相」の手綱さばき(エネルギーの部屋・岩瀬昇さん)トランプ大統領に「ドイツはロシアの捕虜か」と揶揄されたメルケル首相、ドイツとロシアを結ぶガス・パイプライン構想とカスピ海協定の狭間で判断を迫られています。

カテゴリ:
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」で常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top