日仏「宇宙飛行士」が語る「宇宙探査」の展望と意義(上)

執筆者:フォーサイト編集部 2018年10月25日
地球の上空400キロメートルを飛行している国際宇宙ステーション(C)JAXA/NASA

 

 日本人が人類初の民間月旅行客になるなど夢のようだが、米宇宙開発ベンチャー「スペースX」が主催する「2001年 宇宙の旅」ならぬ「2023年 月の旅」は、まさにSFの世界が現実になる夢のような話。2020年代には、米航空宇宙局(NASA)が中心となって計画を進めている「月軌道プラットフォームゲートウェイ」(LOP—G)なる月宇宙ステーションの建設も始まり、月面着陸も予定されている。人類は今、地球から月、火星へという道筋の転換点に立っているのだ。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」で常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top