【火】米中間選挙、モザンビークのLNG、
   中期中絶、仮想通貨

執筆者:フォーサイト編集部 2018年11月20日

昨日午後から以下の3本をアップロードしています。

共和党は中間選挙で本当に「勝利」したのか(アメリカの部屋・足立正彦さん):ご本人は「勝った勝った勝利した」と連呼していますが、果たしてそうでしょうか。有権者の投票行動を仔細に分析してみると、別な側面が浮かび上がってきます。

 

「アフリカのカタール」モザンビークLNG事業に横やり入れる「シェル」の思惑(エネルギーの部屋・岩瀬昇さん):小国で資源が発見されるとそれに頼りすぎて国の経済的発展の行く末を誤ってしまう「資源の呪い」に陥りやすいもの。その資源を巡って大国や国際メジャーなどの様々な思惑が蠢きます。

 

「中期中絶」の壮絶な現場と「性教育」「アフターピル問題」――誰もが笑顔で赤ちゃんを抱っこできる日が来ますように(MRICの部屋・医療ガバナンス学会 ):これまで決して語られることのなかった「中絶」の現場。「生きている」赤ちゃんの命を断たねばならない医師、看護師たちはどういう思いで「処置」を施しているのかーー。厳粛な思いで考えねばならない問題です。

 

17時には「トランプ『今日のつぶやき』」も更新しています。トランプ大統領が「アダム・シット」とつぶやいた民主党下院議員は、正しくは「アダム・シフ」。わざとなのか偶然なのか、論争が巻き起こっています。いずれにせよ、こういうことにかけては「天才的」な大統領なのでした……。

 

そして今朝の更新記事は、山田敏弘さんの「『事件続出』でも投資は増加『仮想通貨』の未来はどうなる?」です。仮想通貨に関わる事件が後を絶ちません。今月はビットコインが急落していますが、それでも投資は増加しているとか。そのワケとは――。

 

カテゴリ:
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」で常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
フォーサイトのお申し込み
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top