【月】食考学、中東通信、灼熱、イスラエル

執筆者:フォーサイト編集部 2019年4月15日
カテゴリ:

先週金曜午後から以下の1本をアップロードしています。

【ミャンマー】茶を「食べ」ながらスーチーを語る人々(世界漫遊「食考学」の旅・野嶋剛さん):緑茶は日本人の生活に欠かせませんが、実はミャンマーの食文化も、お茶抜きには語れません。しかも、飲むだけでなく、食べる。「食べるお茶」をご紹介します!

 

また、池内恵さんの「中東通信」にも、新しい記事がアップされました。

エジプトがサウジ主導の「アラブ版NATO」計画から離脱:肝心のエジプトが欠けるとこの軍事同盟の実態は事実上、なくなります。これで米国とイスラエルの主導する対イラン陣営の形成はいよいよ机上の空論となりかねません。

 

さらに以下の3つの連載も更新しています!

佐野美和さんの好評連載「灼熱」:ついに、藤原義江を世に知らしめることになった『朝日新聞』の記事『我等がテナー』が掲載され、義江の人生は大きく展開する。その結果、「あき」との運命的な出会いも訪れるのだった

 

藤原朝子さんの『トランプ「今日のつぶやき」解説付!』:バー司法長官の「スパイ行為はあった」発言が物議をかもす中、必死に擁護したトランプ大統領。下院納税記録の提出を求められ、まだまだ「潔白」とはいきません。

 

『北極冒険家「極地便り」』(フォーサイト編集部):7日目。約120キロ地点までやってきたチームは、どデカイ氷山に遭遇!融かして美味しい水にするそうです。再び海氷の上に出たため、シロクマ対策も万全です。

 

そして今朝の更新記事は、山田敏弘さんの『イスラエル諜報機関「モサド」元長官が日本人に警告「サイバー脅威を自覚せよ!』です。サイバーセキュリティで世界の先を行くイスラエル。その諜報機関「モサド」の元長官に、山田敏弘さんがインタビューしました。退官後にサイバーセキュリティ会社を立ち上げた彼が、日本に警告したこととはーー。

 

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
クローズアップ
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top