灼熱 評伝「藤原あき」の生涯

灼熱――評伝「藤原あき」の生涯(39)

執筆者:佐野美和 2019年4月14日
若き日の藤原義江。撮影年不詳だが、撮影者は第2次世界大戦時、米日系人収容所で隠し持っていたレンズでカメラを作り、密かに収容所で暮らす日系人を撮影していたことで知られる写真家の宮武東洋(下関市「藤原義江記念館」提供、以下同)

     81

 藤原義江の生涯の代名詞となる『我等のテナー』というタイトルの連載が始まった。『朝日新聞』(東京朝日新聞)にて、大正12(1923)年3月28日から4月5日まで、9回にわたる。

 記者の原田譲二が書く内容は、義江がニューヨークで人気俳優・ルドルフ・ヴァレンティノに間違えられる歌手として知られることから始まり、亡くなった父と行方不明の母について、苦労した少年時代のお涙頂戴的な話が続く。そしてイタリー留学、ロンドンのバイオリニストの卵フェローツァとの儚い恋などが、義江の美しい写真とともに掲載されている。

 とにかくすごい美男子の歌の上手い日本人との混血が、苦労した末に欧米留学し、栄光の階段を登り始めたというような構成だ。

 本場オペラの話などはわからない日本人でも、母を探す子供の気持ちは良くわかる。記事は反響を呼んで、有楽町(現在の「有楽町マリオン」)の朝日新聞の本社には電話や手紙の問い合わせが数多く来た。

 ペンの力は絶大だ。『我等のテナー』というタイトルは当を得ていて、この一文で義江はスターダムにのし上がったと言ってよいほどだ。

 記事が掲載された直後の4月10日、義江は横浜港に到着し、日本の土を踏んだ。ここからは「我等のテナー藤原義江」として国民的歌手として扱われる。筆者としても、単に「義江」と書くには忍びないほどだ。

この記事で、義江の人生は激変していく

 わずか3年間の洋行だったが、新聞記者のノートとペンや写真班のフラッシュ、新聞連載を読んだ多くの一般人がテナーとやらを見に横浜港へ駆けつけたことは、まぎれもなく凱旋であり、義江にとって運命が大きく開かれたことがわかる夢の1コマだった。

 社旗がはためく車に乗せられ、向かうは国賓のために作られた帝国ホテル。

 義江が生涯滞在することになる帝国ホテルとの縁はここから始まった。

 報道関係者や音楽関係者のホテルへの問い合わせや、来客がひっきりなしとなった。

 4月11日の朝日新聞に義江の記事が再び大きく掲載される。

「我等のテナー 藤原義江氏帰る 東京大阪で演奏会」

 そこには加賀丸船上で撮られたという写真が大きく載る。蝶ネクタイに高い襟の白シャツに燕尾服。黒々とした髪の毛をオイルでなで付け、ボルサリーノを船のデッキに置いた姿は、貴公子が舞い降りて来たような新鮮かつ強烈な印象だ。

 ここで満を持して朝日新聞のお膳立てで、義江の初リサイタルが開かれることが発表されたのだ。

「我等のテナー」の連載で反響のあった母親探しについても書かれている。母には娘がいて、つまり義江の妹がいるらしいと最新情報まで伝える。

「どうか皆さんのお力で母に再会したい」と義江の訴えのコメントも載る。そして帝国ホテルに滞在し、10月にはホノルルに旅立つと結ばれている。

 それからも朝日新聞に「藤原義江初リサイタル」の宣伝は掲載される。

「藤原義江氏独唱会

 五月六日午後七時開演

 場所 神田区美土代町青年会館

 入場料 三圓 二圓 学生券一圓」

「西洋で認められた声を聞きたい」「会場には母はくるのか」という人たちが切符を求めた。

 帝劇でもなく、浅草でもなく、一番旬な会館が選ばれたことが義江にとっても最適だった。そこに集まる観客はペラゴロではなく、アッパーな階級の若手が大半。「浅草オペラは低俗だから」と敬遠していた「宮下あき」の友人たちなどもこぞって聴きに行っていた。

 青年会館・通称YMCAホールは、義江にとっても憧れの場所で、夢の舞台が現実となった。

 そして夢がさめやらぬうちのわずか1週間後には、「慶応義塾ワグネルソサィエティー男声合唱団」という男子合唱部の主催で、慶應義塾大学のホールで開かれた独唱会にも出演した。ポーランド出身のピアニスト、ヨゼフ・ホフマンと共演を果たした。

 これは紀州徳川家十六代当主の徳川頼貞のお膳立てだった。

 徳川頼貞は「音楽の殿様」と言われていたほど西洋音楽に明るく、国内外問わず自分が惚れ込んだ音楽家のパトロン(支援者)として時間とお金を費やした。

 その額は現在の価値に換算すると1500億円とも言われる。地方都市の一般会計予算を音楽支援に使った人物だ。大正7(1918)年には、麻布飯倉に建築家ヴォーリス設計の、日本初の音楽堂「徳川音楽堂」通称「南葵音楽堂」を建設した。

 もう1人の義江のパトロンは、帰朝後から世話になっている大倉喜七郎男爵。大正10(1921)年に父親の喜八郎のあとを継ぎ、帝国ホテルの会長に就任した。同時に「東京シンフォニー管弦楽団」を創設し、帝国ホテルを拠点に活動をさせ、財力を惜しげもなく注ぎ込んだ。

 その2大パトロンにお金のことだけでなく、音楽的な人脈や方向性を決めるのにおおいに世話になった。

 ちょうどこの頃、無線電波の実験が日本でも頻繁に行われていた。電波を利用して音声を伝達する技術で、ラジオ放送の元になる技法だ。日本のエジソン、天才発明家青年とうたわれる安藤博が発明した無線電話でアメリカと四ツ谷の家を繋ぎ、世界の新記録が作られた。

 ちなみに、この2年後の大正14(1925)年に日本で初めてラジオ放送が始まるのだが、ブロードキャストを「放送」という日本語にしたのは、安藤博である。

 無線電話の新記録の記事の翌月、帝国ホテルで無線電話の試みを大倉喜七郎が行った。大倉は義江に無線電話で独唱をさせた。ユニークな日本初の試みと、時の人・藤原義江の組み合わせで、これからの新しい電波放送というものに期待を持たす事に大成功した。

 義江は時の人として目まぐるしい毎日を送っていた。

 

 ここで読んでくださっている皆さまは、浅草時代の義江を支えた妻・安藤文子はどうなったのだろうと思っているかもしれない。義江が書いた自伝などでも「離婚した」のみで、文子側からも一切情報は出していない。

 我等のテナー藤原義江誕生とともに、文子は闇に沈んだようだ。

 浅草オペラで細々と女優を続けていた痕跡は、大正12(1923)年まで残っている。この年の『主婦の友』7月号に「歌劇女優の1日」というタイトルで、ソプラノ歌手としての優雅な文子の日常が紹介されている。そこには発声練習や散歩などたわいもない日常生活が書かれ、離婚の文字などはない。

 そしてこの記事以降、全く情報が途絶えてしまう。

 義江自身の記述には「亡くなった」とあるだけで、死亡記事なども見当たらない。

 

 義江は本場のオペラで成功したわけでもなく、留学先ロンドンの日本人社交会から好かれ、後の首相・吉田茂の外交官としての仕事の一旦を歌で担い重宝されるが、そのロンドンも女性関係で追放され、ニューヨークに渡る船の上で撮られた写真がきっかけとなり、様々な幸運が訪れた。もっとも、洋行しただけで成功したと言われる時代でもあった。

 帰朝後の義江には欧米凱旋の「ハク」というものが付き、日本の社交界での付き合いが始まる。浅草時代には全く接点がなかったような人物たちが会いにやって来る。

 毎日どこかしこに呼ばれ、晩餐会で挨拶し、1曲喉を披露することもある。

ついに義江とあきは運命的な出会いをする

 その1つに、帝国ホテルで行われるベルギー大使主催のダンスパーティーがあった。そこで出会ったのが、当時は「宮下博士夫人」こと、後に義江の妻になる「藤原あき」だった。

 ロンドンで面識のあった黒田清伯爵が自分の妹とその友人たちを紹介してくれた。

「こちら宮下博士夫人……」

 着物姿で堂々と男性たちとダンスに興じる姿を、義江は横目で見ていた。

 欧米の女性たちに比べても引けを取らない立ち居振る舞いで、艶やかな好印象を持った。その直後自分の出演だったので、その女性のことは忘れた。

 2日後、帝国ホテルの義江の元に英文の手紙とともに、YMCAホールでの映画『サロメ』の切符が入った封筒が届いた。署名はなかったが、直感で宮下夫人なのではないかと思った。

 中年期の義江は「女からの誘いはいかなる場合も断るな」という哲学を持っていたが、この日はまだ若かったからなのか、どうしても行く気がしなかった。先日自分が出演した会場だからか、手紙が誰からのものか分からないからか、様々な理由で躊躇した。

 しかし映画の時間になってくると、

「今頃、僕を待つのに気をとられて『サロメ』どころではあるまい。これから行けば間に合う、出かけよう、どうしようか。今日を逃したらもう彼女には2度と会えないかもしれない」

 義江の優しさを含んだ決断力のなさなのか。ホテルの部屋をウロウロ歩き落ち着かない。ついに帽子をとって外に出ようとした。いや、やめよう。その繰り返しで、映画が終わる時刻になってしまった。

 意を決してホールに電話をしてみた。「もうお客さんは全員帰られました」。

 そうなると、これから彼女から電話があるだろうと待つことにした。

 ボーイからの電話の知らせもなく、イライラとしてきた。もしかしたら彼女は歩いて帝国ホテルにやって来るかもしれないと思い、ホテル内のバーに行き一杯引っ掛けて落ち着きを取り戻そうとした。それでも来客の知らせはない。

 部屋に引き上げて、夕食を部屋にお願いした。それから30分、1時間、2時間経ってからもなしのつぶて。

 廊下の奥で電話のベルの音がするたびに気になっていたが、そのうち眠りについた。

 翌朝だった。ボーイがやって来て「お電話です」という。

 跳ね起きてボーイの詰め所の電話があるところまで行く。電話機の前で持つボーイに、

「男かい? 女かい?」

「徳川様からでございます」

 ガックリして電話を耳に当てると、

「私です。徳川ではありません、おわかり?」

 ああ、やはりあの夫人だ。夫人の顔や仕草が蘇って来た。

 義江があきに恋した瞬間だった。

 まくしたてられたかのような会話だったが、これからホテルにやって来るということだけはよく分かった。

 あきが帝国ホテルにやって来てロビーのソファに腰を下ろした。

 あきの提案で箱根湯本の宿に行くことを約束した。

 あきのようなプライドの高い女が前日待ちぼうけをくらったにもかかわらず、それでも引かず攻めて行ったということは、本能的にこの男を捕まえなければもう一生何もないだろうということを悟ったからだった。

 大正12年7月4日。義江と宮下夫人が約束した日だ。朝は小雨が降っていた。

「東京の梅雨の終わりの気候は、まるでパリやミラノのスチームバスだな」と義江は思いながら身支度をした。

 ミラノで無理して買った麻のジャケットに袖を通したが、この時期に東京で麻を着ると湿気で一瞬にしてよれよれになってしまうなと、あちらの気候を懐かしんだ。

 汽車に乗るのであるし、美貌の宮下夫人と一緒であるのだからと、ボルサリーノのパナマ帽で決めた。

 帝国ホテル「ライト館」のエントランスを足取り軽やかに出て行く。

 義江と年端の変わらないボーイたちは羨望の眼差しを送った。世界の来賓を見慣れている彼らの目にも、義江の着こなしや身のこなし方は格好良く映った。

 2人は昼過ぎに東京駅の東海道線のホームで待ち合わせた。

 平日の午後、東海道線の下り電車はすいていた。2人は知り合いに出会ったら面倒臭いことになると、同じ車両の離れた席に腰をおろした。

 小田原までの2時間、あきはこの日の為に自分は今まで生きて来たのでないかと考えた。

 別居生活で、あきは生まれて初めて人肌の恋しさに餓えた。

 それは、友人や実母と一緒に居ても、可愛い2人の娘を抱きしめたときにも満たされない感覚なのだ。

 男のたくましい2本の腕が自分を引き寄せ、その胸の中で抱きしめられ、どこかにさらって欲しい。2人だけの世界に。

 こんな妄想を何百回としてきたであろう。今日のようにジメジメした梅雨時や、うだるような暑さの中でも人肌が恋しい。

 それでもなかなか理想の男性にはめぐり合わなかった。自分の友人たちと、兄妹の友人たちは、学習院を中心とした皇族・華族の子女や実業家の子女たちで、狭い人間関係の中で繋がりを持っていた。あきが東京に出もどり別居していることは、すぐに知られることとなり、中上川家の他の兄妹の手前もあり、あきを奪うなどという勇気ある男性はついぞ出てこなかった。

 ならばと、あきは贔屓の歌舞伎役者・市村羽左衛門の芝居に足繁く通った。

 芝居の切符を中上川家でずっと買っていたので、羽左衛門とは少女時代から知らない仲ではない。芝居が引けると楽屋にお見舞いに行くことも考えたが、それはあきの矜持が許さない。芝居の楽屋見舞いをする女は花街の玄人女に限られていたからだ。

 あれだけ嫌っていた夫の宮下だが、子供まで作った仲だ。もう、宮下しか自分には居ないのだと、すべてを諦めた時に目に入ってきたのが、藤原義江という男だったのだ。(つづく)

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
佐野美和 政治キャスター。東京都八王子市出身。株式会社チェリーブロッサムインターナショナル代表取締役。大学在学中、フジテレビの深夜番組として知られる『オールナイトフジ』のレギュラーメンバー「オールナイターズ」の一員として活躍した。1992年度ミス日本に選ばれる。TBSラジオのパーソナリティ、TBSラジオショッピングの放送作家を経て、1995年から2001年まで八王子市議会議員として活動。以後はタレントとしてテレビ出演のほか、講演会も精力的に行う。政治キャスターとしてこれまで600人以上の国会議員にインタビューしている。主な書籍に『アタシ出るんです!』(KSS出版)、『あきれたふざけた地方議員にダマされない!』(牧野出版)などがある。
クローズアップ
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top