灼熱 評伝「藤原あき」の生涯

灼熱――評伝「藤原あき」の生涯(39)

執筆者:佐野美和 2019年4月14日
タグ: アメリカ 日本
若き日の藤原義江。撮影年不詳だが、撮影者は第2次世界大戦時、米日系人収容所で隠し持っていたレンズでカメラを作り、密かに収容所で暮らす日系人を撮影していたことで知られる写真家の宮武東洋(下関市「藤原義江記念館」提供、以下同)

     81

 藤原義江の生涯の代名詞となる『我等のテナー』というタイトルの連載が始まった。『朝日新聞』(東京朝日新聞)にて、大正12(1923)年3月28日から4月5日まで、9回にわたる。

 記者の原田譲二が書く内容は、義江がニューヨークで人気俳優・ルドルフ・ヴァレンティノに間違えられる歌手として知られることから始まり、亡くなった父と行方不明の母について、苦労した少年時代のお涙頂戴的な話が続く。そしてイタリー留学、ロンドンのバイオリニストの卵フェローツァとの儚い恋などが、義江の美しい写真とともに掲載されている。

カテゴリ: 社会 カルチャー
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
佐野美和 政治キャスター。東京都八王子市出身。株式会社チェリーブロッサムインターナショナル代表取締役。大学在学中、フジテレビの深夜番組として知られる『オールナイトフジ』のレギュラーメンバー「オールナイターズ」の一員として活躍した。1992年度ミス日本に選ばれる。TBSラジオのパーソナリティ、TBSラジオショッピングの放送作家を経て、1995年から2001年まで八王子市議会議員として活動。以後はタレントとしてテレビ出演のほか、講演会も精力的に行う。政治キャスターとしてこれまで600人以上の国会議員にインタビューしている。主な書籍に『アタシ出るんです!』(KSS出版)、『あきれたふざけた地方議員にダマされない!』(牧野出版)などがある。
フォーサイトのお申し込み
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top