【金】ファーウェイ、「脱炭素」の限界、
   北朝鮮(2)、脅威のメンタル

執筆者:フォーサイト編集部 2019年5月24日
カテゴリ:

昨日午後、下記の記事をアップしています。

「ファーウェイ」本当は何がどうすごいのか(高見義信さん)アメリカは徹底的な排除に動き、日本も追随しています。5G技術で先行していることが安全保障上の脅威と言われますが、ではいったい具体的にどこがどうすごいのでしょうか。

 

スーパーメジャー英「BP」会長が語る「脱炭素取り組み」の限界(エネルギーの部屋・岩瀬昇さん)「パリ協定」を遵守せよ、と株主からも環境団体からも猛烈に攻められている業界ですが、最大手一角の会長が、同意しながらも悲痛な叫びです。やはり政治が強く動くべきなのでしょうか。

 

北朝鮮「ミサイル発射」挑発の真意(2)(朝鮮半島の部屋・平井久志さん)北朝鮮が立て続けに短距離ミサイルを発射した、その意図とは何か。それを解くカギは、金正恩党委員長が4月12日に最高人民会議で行った「施政演説」にありました。

 

17時には、大好評のこちら「トランプ『今日のつぶやき』解説付!」(藤原朝子さん)今日はいつになくツイート数も多いですが、ほぼすべて、民主党に対する批判、というよりグチ、というより、駄々っ子が泣きわめいている感じ。「大統領ハラスメント」、得意のフレーズもまた登場です。

 

そして今朝の更新記事は、こちら。

風の向こう側(47)「全米プロ」連覇「ケプカ」が軽々語る驚異の「メンタル力」(舩越園子さん)連覇がかかった大事な場面、しかもアウェイではなく自国舞台なのに、強すぎるが故の大ブーイング。でもそれを逆に利用したという驚くべきメンタル・コントロール術です。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top