「認知症は人格が壊れるわけではないのです」

【特別対談】映画『長いお別れ』中野量太監督×「アルツクリニック東京」新井平伊院長

執筆者:フォーサイト編集部 2019年5月31日
エリア: 日本
映画館の雰囲気の中で(C)筒口直弘

 

 5月16日、認知症対策を強化するために開かれた政府の有識者会議で、2025(令和7)年までの6年間で、70代人口に占める認知症患者の割合を6%低下させる数値目標を盛り込んだ新たな「大綱」の素案が明らかになった。さらに、「70代での発症を10年間で1歳遅らせる」という目標も明記。実現すれば、70代での患者を約1割減らせるという。そのための「予防策」をより一層推進させるというこの大綱は、6月にも閣議で決定される。

 この認知症「予防」に取り組んでいる専門クリニック「アルツクリニック東京」新井平伊院長については、『「認知症」を「予防」する世界初「健脳ドック」の可能性』(2019年5月11日)でご紹介したが、折しも5月31日(金)、認知症をテーマにした映画『長いお別れ』が全国でロードショー公開される。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
クローズアップ
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 最新コメント
  • 最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top