【水】パイプライン、『毎日新聞』虚偽報道、
   香港「女神」、特別対談

執筆者:フォーサイト編集部 2019年6月12日
カテゴリ:

昨日午後、下記の記事をアップロードしています。

ロシア「パイプライン」破壊事件の「油価影響」は楽観視してよいのか(エネルギーの部屋・岩瀬昇さん)犯人こそ名指ししていませんが、当事国は「破壊工作」と主張するパイプライン被害。が、当のロシアは「速やかに忘れることが大事」と宣言。これで油価は本当に大丈夫なのでしょうか。

 

「虚偽」「根本的な間違い」の『毎日新聞』記事に強く抗議する(原英史さん)取材に対して具体的な説明をしたにもかかわらず、まるで虚偽の内容、事実誤認で記事を作り、犯罪者扱いする『毎日新聞』。原英史さんが真っ向反論します。

 

香港雨傘運動「女神」が語る「103万人デモ」の現場(野嶋剛さん)香港の「逃亡犯条例改正案」反対デモが世界中の注目を集めています。「雨傘運動」から5年、再び市民が立ち上がったのはなぜなのか。女性活動家のインタビューから迫ります。

 

17時には、藤原朝子さん翻訳・解説のお馴染み「トランプ『今日のつぶやき』解説付!」自慢気だったメキシコとの「合意」ですが、目新しい移民対策もなければ、トランプ大統領の主張する「未発表の重要合意」の存在も、メキシコ側は否定。雲行きが怪しくなってきました。

 

そして今朝の更新記事は、こちら。

【著者対談】「大国の周縁」から見た地政学
北岡伸一『世界地図を読み直す 協力と均衡の地政学』(新潮選書)
ロシアや中国など、大国の実相を知るには、当事国は当然ながら、実はその周縁の国々を実際に歩いてみてはじめて見えてくるものがあるのです。賢者の対談、です。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top