【火】『毎日新聞』厳重抗議、内容証明送達、
   官僚と既得権益者、香港と台湾

執筆者:フォーサイト編集部 2019年6月18日
カテゴリ:

昨日午後から以下の3本をアップロードしています。

毎日新聞「報道の暴力」に対する厳重抗議(原英史さん):「功績を聞きたい」などと取材目的を偽り、しかも聞いた話を勝手に都合よく作り変え、いくら否定しても認めるまで拉致まがいの聞き取りをする。まさに「取材」とは名ばかりの「暴力行為」です。

 

特区報道『毎日新聞』に原英史氏が謝罪求める「内容証明」送達(フォーサイト編集部):一連の「虚偽報道」に対し、原氏が毎日新聞社長に送達していた内容証明付き「抗議書」を毎日が受領したことが確認できたため、公開しました。

 

規制緩和妨げる『毎日新聞』背後に見える「官僚」と「既得権益者」(磯山友幸さん):規制が緩和されると「権益」がなくなる官僚と業者は、これまでも手段を選ばずあらゆる手立てで妨害してきました。毎日新聞の記事の裏側からもそんな姑息な姿が透けて見えます。

 

17時には藤原朝子さんの『トランプ「今日のつぶやき」解説付!』も! いよいよ本日18日、大統領選へ正式に出馬表明をするトランプ大統領。週末のつぶやきは支持率アピール、魔女狩りアピールで、マイナス要素の払拭に余念がありません。ぜひご一読ください!

 

そして今朝の更新記事は、野嶋剛さんの『200万人デモ「一国二制度と中国」で共鳴する「香港」と「台湾」』です。逃亡犯条例の審議延期を受けてもなお、完全撤回と行政長官辞任を求めて声をあげる香港市民。その姿に「明日は我が身」と心穏やかでないのが台湾の人たちです。

 

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 最新コメント
  • 最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top