【木】「日米同盟・憲法9条」、監督インタビュー、
   米朝実務協議  

執筆者:フォーサイト編集部 2019年7月4日
カテゴリ:

昨日午後、以下の2本の記事をアップロードしました。

「日米同盟」「憲法9条」を考え直す(篠田英朗さん):米大統領の安保「苦情」発言、そして国政選挙を前に出てきた憲法改正問題。そんな今こそ、日米同盟体制と憲法問題について、冷静に見直す必要があるのです。

 

「絶望」の中にも「光」は必ずある(フォーサイト編集部):銃撃テロで母を失った娘とその叔父の再生を、繊細なタッチで描き出したフランス映画『アマンダと僕』。ミカエル・アース監督のインタビューです。

 

17時には、『トランプ「今日のつぶやき」解説付!』(藤原朝子さん)も更新しています。

念願の「軍事パレード」を前に「儀礼飛行&史上最大の花火!」と大喜びの大統領。イランとの間で緊張が高まっていますが、気持ちは4日の「ビッグな独立記念日イベント」にあるようです。

 

そして本日の更新記事は、平井久志さんの『【短期集中連載】どうなる「米朝中」関係(5・了)歩み寄り困難な「実務協議」の行方』(朝鮮半島の部屋)です。政治ショーとしての効果は抜群だった、米朝“電撃”板門店会談。ところが実務協議となると、越えがたい溝が依然として、両国の目の前にあるのです。これを打開するアイデアはあるのでしょうか――。

 

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」で常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top