【木】英「合意なき離脱」、米「逆イールド」

執筆者:フォーサイト編集部 2019年8月22日
カテゴリ:

昨日午後、下記の記事をアップロードしています。

英国民も気づいていないジョンソン新政権「合意なき離脱」の現実味(ヨーロッパの部屋・国末憲人さん)この期に及んでジョンソンのような人物を選んだ英国。アイルランドをいらだたせ、EU首脳も無視し、恫喝まがいの外交を行う……。英国民は国家衰退の兆しが現れていることに気付いているのでしょうか。

 

17時には、藤原朝子さん翻訳・解説のこちら「トランプ『今日のつぶやき』解説付!」デンマークのフレデリクセン首相に「グリーンランドは売り物ではない」とクギを刺されたことが気に食わなかったのか、首相との会談を突如延期したトランプ大統領。まさか本気で買おうと思っていたのでしょうか……。

 

そして今朝の更新記事は、こちらです。

米国「逆イールド」出現の「仕組み」と「景気の先行き」(鷲尾香一さん)本来は高いはずの長期国債金利が短期モノより低くなる「逆イールド」。景気悪化の兆候と言われますが、その仕組みを理解すると、本来の先行き見通しにも有益です。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top