国際人のための日本古代史
国際人のための日本古代史 (115)

「もとは二種」皇位継承「三種の神器」に隠された因縁と歴史

執筆者:関裕二 2019年9月12日
カテゴリ: 社会 文化・歴史
エリア: 日本
愛知県名古屋市の熱田神宮には、草薙剣が祀られている(筆者撮影)
 

 間もなく、今上天皇の践祚大嘗祭(せんそだいじょうさい)が執り行われる(11月14日)。正式な即位儀礼は、これで整う。当然、天皇家最大の祭りの意味を明確にする必要があるが、謎が深すぎて、やっかいだ。そこで今回は、皇位継承のもう1つの要素「三種(さんしゅ)の神器(じんぎ)」に注目しておきたい。八咫鏡(やたのかがみ)、草薙剣(くさなぎのつるぎ)、八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)だ。

 神宝のそれぞれの由来は、どこまでわかるのだろう。『古事記』の記事を追ってみる。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
関裕二 1959年千葉県生れ。仏教美術に魅せられ日本古代史を研究。『藤原氏の正体』『蘇我氏の正体』『物部氏の正体』(以上、新潮文庫)、『伊勢神宮の暗号』(講談社)、『天皇名の暗号』(芸文社)、『「死の国」熊野と巡礼の道: 古代史謎解き紀行』 (新潮文庫)など著書多数。最新刊に『神武天皇 vs. 卑弥呼 ヤマト建国を推理する』(新潮新書)、『古代日本人と朝鮮半島』(PHP文庫)、『「始まりの国」淡路と「陰の王国」大阪: 古代史謎解き紀行』(新潮文庫)がある。
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top