【木】ボリビア崩壊、インドネシア政局、
   サウジアラムコIPO

執筆者:フォーサイト編集部 2019年11月21日
カテゴリ:

昨日午後、下記の記事をアップロードしています。

選挙不正で「亡命」ボリビア「モラレス長期政権」の崩壊(中南米の部屋・遅野井茂雄さん)ボリビア「モラレス大統領」の崩壊は、あまりにも衝撃的である一方、独裁の必然とも言える結末でした。2006年の政権発足から今回の辞任、亡命までを振り返ります!

インドネシア「第2期ジョコウィ政権」早くもレームダック化の危険性(東南アジアの部屋・川村晃一さん)「首都移転」が世界的なニュースになったインドネシアのジョコウィ大統領ですが、国内で話題を呼んだのは驚きの「組閣」。再選を後押しした支持者に失望が広がっています。

17時にはこちらも。「トランプ『今日のつぶやき』解説付!」(翻訳解説・藤原朝子さん)弾劾調査で政府高官による公開証言が続いています。ウクライナ「疑惑」が「事実」になるにつれ、ツイート数が少なくなっているような・・・。

 

そして今朝の更新記事は、こちら。

「ギリシャ悲劇」と銀行家が嘆く「サウジアラムコIPO」期待外れの「縮小後退」(エネルギーの部屋・岩瀬昇さん)5時間も待たされた挙げ句、会えずじまい。会えてもわずか10分。そして出された結論は――。まさに悲劇と言いたくなる展開で、世界の投資家はガッカリ。皇太子が進めるサウジの改革はどうなるのでしょう。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top