【金】「偽装留学生」対策(下)、米民主党、
   自宅待機のススメ、マネー

執筆者:フォーサイト編集部 2020年2月21日
カテゴリ:

昨日午後、以下の3本の記事をアップロードしました。

見せかけだけの「偽装留学生」対策(下)(「人手不足」と外国人・出井康博さん):入管当局は、留学生の在留資格の「厳格化」を謳っています。が、取材には応えず、斡旋業者とのイタチごっこを繰り返すばかり。政府が推進する「留学生30万人計画」の欺瞞は明らかなのです。

 

民主党系有権者の間に浮き上がる「断層」(アメリカの部屋・足立正彦さん):最高齢候補であるサンダースには若年層支持者がつき、最若年候補のブティジェッジには高齢支持者が。そして若年層は「社会主義」を肯定し、高齢層は否定。さらに所得層でも支持の違いが明確に。米社会はさらに「断層」が深まりそうです。

 

「風邪」と思ったら今は自宅待機すべし!(MRICの部屋・医療ガバナンス学会):クルーズ船からの下船が始まったと思ったら、感染して入院中の高齢者2人が亡くなったという報道が。感染の恐怖も拡散していますが、しかし冷静な対応が何より肝心です。慌てて病院に駆け込むほうが、自分にも周りにとっても大きなマイナスになることがあるのです。ご注意を!

 

17時には、『トランプ「今日のつぶやき」解説付!』(藤原朝子さん)も更新しています。「腐ったブルームバーグ・ニュースは、ミニ・マイクが討論会で悲惨だったと伝えるのか?」連日、支持率急上昇の「ミニ・マイク」の宣伝に一役買っているトランプ大統領。これに対してブルームバーグ氏は、討論会で「傲慢なペテン師」への対決姿勢を鮮明にしました。

 

そして本日の更新記事は、こちらです。

複雑な「送金・決済」の仕組み(新・マネーの魔術史:未来篇・野口悠紀雄さん):銀行振り込みで支払いをしたり、お金を受け取ったり――日頃何気なく使っている送金や決済ですが、実はこの仕組み、かなり複雑なものなのです。

 

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」で常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top