【木】財務省、Dプラットフォーマー規制、
   米シェールの悲鳴

執筆者:フォーサイト編集部 2020年4月2日
カテゴリ:

昨日午後、下記の記事をアップロードしています。

森友問題「麻生財務相」辞任を阻止した「財務省」の悪知恵(磯山友幸さん):近畿財務局職員だった赤木俊夫さんが残した遺書と手記を、先月、赤木さんの妻が公表、国を相手に訴訟を起こしました。森友問題 に絡んでまだまだ残る財務省の「闇」。国民も事の真相を求めて、今こそ声を上げるべきです。

 

巨大「デジタルプラットフォーマー」は「独禁法」だけで監視・規制できるのか(鷲尾香一さん):「楽天」の送料無料問題でクローズアップされたデジタルプラットフォーマー。リアル店舗しか想定していなかった独禁法だけでは対処に限界があると、目下、国会で新法が審議中です。はたしてこれで監視できるのか。そしてイノベーションを阻むことはないのでしょうか。

 

17時には「トランプ『今日のつぶやき』解説付!」(藤原朝子さん):最近になってようやく人並みの危機意識を持ち始めたかに見えるトランプ大統領。会見で「米国の最終的な死者数は10万〜24万人に上るだろう」と言いましたが、なぜか不思議とこの人の場合、どこか他人事のような雰囲気が漂っているのが気になります。

 

そして今朝の更新記事は、こちら。

ついに悲鳴テキサス州「シェール業者」の嘆願は「効果」ありやなしや(岩瀬昇さん)

価格戦争、そして新型コロナでの需要激減で、案の定、最初に最も打撃を受けるのは米シェール、との岩瀬昇さんの見立て通り、悲痛な叫びが上がりました。しかしこの嘆願、どれほどの効果があるでしょうか。
論理的に考えると……。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」で常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
キャンペーンお申し込み
フォーサイトのお申し込み
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top