菅首相こそ読むべき英『エネルギー基本計画』のポイント

執筆者:フォーサイト編集部 2021年1月11日
エリア: ヨーロッパ
 

 菅義偉首相は2020年10月26日、就任後初の所信表明演説で「2050年温室効果ガス排出ネットゼロ(カーボンニュートラル)」を宣言した。その1カ月半後の12月12日、地球温暖化対策の国際的枠組み「パリ協定」採択5周年を記念した国連オンライン会合でも同様に宣言し、国際公約とした。

 だが、大目標を掲げただけで、具体的施策の検討はまだこれからだ。

 そうしたなか、英政府が「クリーンエネルギーシステムとグリーン雇用増に向けた計画」を2020年12月14日に発表した。2050年までにネットゼロ実現を目指す一方で、最大22万の雇用を創出し、手頃な光熱費を維持する計画、だという。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」で常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
フォーサイトのお申し込み
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top