国際人のための日本古代史
国際人のための日本古代史 (90)

醜聞にまみれた「女帝」の知られざる「苦悩」と「闘争」

執筆者:関裕二 2017年9月6日
カテゴリ: 文化・歴史
エリア: 日本

 

八尾市の由義神社。由義宮あとの伝承があったが、実際にはここから少し南側からみつかった (筆者撮影、以下同)

 

 大阪府八尾市の東弓削(ひがしゆげ)遺跡で、奈良時代の女帝・称徳(しょうとく、孝謙の重祚)天皇と怪僧・道鏡(どうきょう)ゆかりの由義宮(ゆげのみや)の一部がみつかった(八尾市文化財調査研究会)。

 称徳天皇は聖武天皇と光明子(光明皇后)の娘だ。独身女性が担ぎ上げられたのは、父・聖武天皇が敵対する藤原氏に引きずり下ろされたため。ただし、称徳女帝も藤原のいいなりにはならなかった。独裁権力を握った恵美押勝(えみのおしかつ、藤原仲麻呂のち改名)を追い落とし、「かねてより懇ろになっていた道鏡」を天皇に立てようと目論んだ。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
関裕二 1959年千葉県生れ。仏教美術に魅せられ日本古代史を研究。『藤原氏の正体』『蘇我氏の正体』『物部氏の正体』(以上、新潮文庫)、『伊勢神宮の暗号』(講談社)、『天皇名の暗号』(芸文社)、『「死の国」熊野と巡礼の道: 古代史謎解き紀行』 (新潮文庫)など著書多数。最新刊に『神武天皇 vs. 卑弥呼 ヤマト建国を推理する』(新潮新書)、『古代日本人と朝鮮半島』(PHP文庫)、『「始まりの国」淡路と「陰の王国」大阪: 古代史謎解き紀行』(新潮文庫)がある。
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top