【火】東ティモール、「シェール」の評価
   激動「広告市場」

執筆者:フォーサイト編集部 2017年12月26日
カテゴリ:

昨日午後、下記の2本をアップロードしました。

いまだ「東ティモール」を牽引する3人の「建国の父」(花田吉隆さん):元大統領、ノーベル平和賞受賞者、そして9月に再登板した首相――独立から15年を迎えた東ティモールは今も、この3人の「建国の父」がリードしていますが、今後世代交代は進むのでしょうか。

 

石油市場へのシェールの影響力は限定的と見るメジャー「BP」CEO(エネルギーの部屋、岩瀬昇さん):協調減産延長→シェールオイル増産=OPECにとっての脅威、という図式で語られがちですが、石油メジャーは違った見方をしています。

 

そして本日の更新記事は、広告市場「激動」で「ネット」から「視聴質」データへ(大西康之さん)です。世界の広告市場が激動しています。今、ネットやテレビの広告に疑問を持ち始めた広告主が注目しているのは、「視聴質」データ。いったいどのようなものなのでしょうか。

 

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」で常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top