【木】北朝鮮「権力暗闘」(上)(中)(下)、
   広辞苑問題

執筆者:フォーサイト編集部 2017年12月28日
カテゴリ:

昨日午後、「専門家の部屋」の「朝鮮半島」に平井久志さんの下記3本を連続アップロードしました。

北朝鮮「権力暗闘」最新事情(上)突如「序列5位」急浮上した謎の男北朝鮮で幹部の序列5位だった黄炳瑞軍総政治局長が処罰され、表舞台から消えました。代わって躍り出たのは、専門家も商才を知らない謎の男でした。

 

北朝鮮「権力暗闘」最新事情(中)消えた「核・ミサイル開発」の中心人物北朝鮮にとって今年は、「国家核武力完成」の年でした。ところが不思議なことに、その中心人物が、表舞台から消えているのでした。

 

北朝鮮「権力暗闘」最新事情(下)「大胆でスケールの大きい作戦」とまだ続く「粛清」最近の一連の動きで、北朝鮮の権力内部の構造は大きく変化しました。その中で力を増した崔龍海党副委員長といえど、さらに続く「粛清」の対象にならない、とは言い切れないのです。

 

そして今朝は、野嶋剛さんのこちらをアップロードしました。

徹底検証:岩波書店『広辞苑』の「台湾記述」どこが問題か台湾の「帰属」に関する記述が国際問題に発展しています。なぜ安易にこんな記述になったのか、初版まで遡って綿密に検証しています。

 

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」で常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
フォーサイトのお申し込み
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top