【火】「平昌平和攻勢」(2)~(6)、
   「企業倒産」増加

執筆者:フォーサイト編集部 2018年2月27日

昨日午後、平井久志さん(朝鮮半島の部屋)の短期集中連載、以下5本の記事をアップロードしました。

北朝鮮「平昌平和攻勢」の舞台裏(2)妹「金与正」派遣の狙い:五輪を舞台に進められていた、米朝秘密接触。金正恩党委員長の本気度は、実妹・金与正氏の韓国派遣に現れていました。

 

北朝鮮「平昌平和攻勢」の舞台裏(3)ドタキャン「米朝秘密会談」の攻防:実現寸前だった「米朝秘密会談」でしたが、北朝鮮がキャンセルに。その裏では関係3カ国のさまざまな思惑が交錯していました。

 

北朝鮮「平昌平和攻勢」の舞台裏(4)北朝鮮の最新「序列名簿」:硬軟両面で攻勢を仕掛ける北朝鮮。その幹部たちの、最新の序列が明らかになりました。

 

北朝鮮「平昌平和攻勢」の舞台裏(5)鍵は「スウェーデン」と「韓成烈」という男:米朝接触、そして対話のチャンネルは開かれるのか。キーとなるのは、朝鮮戦争以来朝鮮半島に関わってきたスウェーデンと、北朝鮮の韓成烈外務次官のようです。

 

北朝鮮「平昌平和攻勢」の舞台裏(6・了)「史上最大の制裁」と「対話」は併存できるか:「史上最大の制裁」と「米朝対話の用意」――この2つは同時に成り立つのでしょうか。「戦争」という選択肢も浮上するのか。最新の情勢分析です。

 

そして本日の更新記事は、磯山友幸さんの「『人手不足』深刻化で増加する『企業倒産』」です。景気に底入れ感が強まる中で、大都市圏を中心にむしろ増えつつある倒産件数。その原因として目を引くのが、「人手不足関連倒産」です。

カテゴリ:
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」で常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top