【水】ムハンマド皇太子、中国「京劇」教育、
   エジプト「日本式小学校」

執筆者:フォーサイト編集部 2018年4月4日
タグ: 習近平

昨日午後、以下の2本の記事をアップロードしました。

ムハンマド皇太子が強行するサウジ「社会・経済改革」は成就するのか(エネルギーの部屋・岩瀬昇さん):政敵だった「いとこ」たちを押しのけて権力を掌握した皇太子は、従来にない大改革を推し進め、米メディアでも宣言。でも、果たして実現、実効性はどのくらいあるのでしょう?

 

いまだに「京劇」で宣伝教育する「習近平一強体制」の時代感覚(中国・台湾の部屋・樋泉克夫さん):中国政府がしきりともてはやす京劇『陳廷敬』。でもその持ち上げぶり、アナクロニズムと言うべきか、旧態依然たる宣伝教育手段にしか見えないのです。

 

そして本日の更新記事は、北岡伸一さんの好評連載「日本人のフロンティア」第13回「初等教育の伝統を世界へ――エジプトの『日本式小学校』」です。大統領のたっての希望ではじめられた、エジプトでの日本式小学校教育。その様子は、近代化へと突き進んだかつての日本を思い起こすと同時に、日埃関係の重要性を再確認するきっかけともなりました。

 

カテゴリ:
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」で常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
キャンペーンお申し込み
フォーサイトのお申し込み
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top