「クリケット元スター」新首相誕生でパキスタン「変革」なるか

執筆者:緒方麻也 2018年8月3日
カテゴリ: 国際 政治
自宅で勝利宣言を行ったカーン氏(C)AFP=時事

 

 7月25日投票のパキスタン総選挙は、往年の超人気クリケット選手イムラン・カーン氏(65)が率いる野党「パキスタン正義運動」(PTI)の勝利で幕を閉じた。同国の下院は定数342だが、選挙ではそのうち272議席を争い、残りの70議席は女性と非ムスリム枠として各党に比例配分される。PTIは今回、115議席を獲得し、第1党に踊り出たのだ。 

 ただ、下院の過半数は確保できていなかったため、8月中旬とされる国会での宣誓式までに無所属(13議席)や諸派議員を取り込んで、多数派工作を完了させねばならなかった。多くのメディアは開票直後から「カーン次期首相」としていたが、選挙での不正を訴える前政権党の「パキスタン・イスラム教徒連盟シャリフ派」(PML-N、64議席)と「パキスタン人民党」(PPP、44議席)が共闘で合意。宗教政党連合である「統一行動評議会」(MMA、12議席)などが態度を明確にしていなかったため、事態はなお流動的だった。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 最新コメント
  • 最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top