「人手不足」と外国人
「人手不足」と外国人(27)

「幸せの国」ブータン留学生の「不幸せ」な実態(6・了)在ブータン日本大使館の回答

執筆者:出井康博 2018年8月28日
ブータン労働人材省のホームページ。さらに犠牲者を増やすような日本留学プログラムが掲載されている

 

 経費支弁能力のないブータン人が留学ビザを得ている現状について、ビザを発給する立場の在ブータン日本大使館はどう考えているのか。以下、同大使館から書面で届いた答えである。

〈ブータンに限らず、留学生が多額の借金をして、その借金を返すために、留学生に対して包括的に認められている週28時間以内の資格外活動許可の範囲を超えてアルバイト等に従事している場合は、憂慮すべき問題です。これが問題になっている国の日本の在外公館では、就労目的で日本に留学しないように政府への働きかけや広報を行っていると承知しております。当館としても、当然のことながら、ブータンからの留学が適正に実施されることが重要であると考えておりますところ、当国からの留学生が急増している現状等を踏まえ、本省とも協議しているところであり、できる限り情報収集に努めると共に、今後ともブータン政府と協議していく考えです。6月に当国を訪問した河野(太郎)外務大臣は、(ダムチョ・)ドルジ外相との間で、留学生が効果的に本来の留学目的を達成できるよう両国政府で協力することで一致しています〉

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
出井康博 1965年岡山県生れ。早稲田大学政治経済学部卒。英字紙『THE NIKKEI WEEKLY』記者を経てフリージャーナリストに。月刊誌、週刊誌などで旺盛な執筆活動を行なう。主著に、政界の一大勢力となったグループの本質に迫った『松下政経塾とは何か』(新潮新書)、『年金夫婦の海外移住』(小学館)、『黒人に最も愛され、FBIに最も恐れられた日本人』(講談社+α文庫)、本誌連載に大幅加筆した『長寿大国の虚構 外国人介護士の現場を追う』(新潮社)、『民主党代議士の作られ方』(新潮新書)、『襤褸(らんる)の旗 松下政経塾の研究』(飛鳥新社)。最新刊は『ルポ ニッポン絶望工場』(講談社+α新書)。
クローズアップ
comment:1
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 最新コメント
  • 最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top