「日本かぶれのナビ」と呼ばれた光と色彩の画家ピエール・ボナール 

執筆者:フォーサイト編集部 2018年10月27日
エリア: ヨーロッパ 日本
ボナールの初期作品からは、日本美術に対する強い関心が見て取れる。左は《庭の女性たち》、右は《乳母たちの散歩、辻馬車の列》 撮影:筒口直弘
 

 19世紀末のフランス・パリ、ポール・ゴーガンの美学から影響を受け、芸術家のグループが新しい芸術の創造を目指して結成した「ナビ派」(「ナビ」はヘブライ語で預言者の意味)。「ナビ派」と聞いても、前後に登場した「印象派」や「フォビスム」「キュビスム」「シュルレアリスム」と比べれば、その名になじみがない方が多いかもしれない。しかし、近代都市生活をフラットな構図で描く装飾性と非現実的で神秘的な内面性を備え、その後の20世紀美術を予兆させるような革新的表現を持つ存在として、近年、彼らの国際的な評価が高まっているのだ。

 19世紀から20世紀にかけて活躍したフランスの画家ピエール・ボナール(1867~1947年)は、ナビ派の中心人物のひとり。彼は歌川国貞や国芳、広重らの浮世絵を所蔵していたほどの日本美術愛好家で、評論家に「日本かぶれのナビ(ナビ・トレ・ジャポナール)」とあだ名をつけられたという。

オルセーの展覧会で再評価

 現在、国立新美術館(東京)では「オルセー美術館特別企画 ピエール・ボナール展」が開催されている(12月17日まで)。オルセー美術館(フランス)の豊富なコレクションを中心に130点を超える作品で構成され(うち約30点が初来日)、日本では14年ぶりとなる大規模回顧展だ。会場は7つの章に分かれ、年代順に創作の軌跡を追うことができる。

本展監修者のイザベル・カーン氏(オルセー美術館絵画部門統括学芸員)。「ぜひ直接見てほしい」と話す 撮影:筒口直弘

 印象派に続く世代のボナールが、生涯、何を追い求めていたのか、本展監修者でオルセー美術館絵画部門統括学芸員のイザベル・カーン氏に話を聞いた。

 「1980年代のフランスでは、印象派を紹介する数多くの展覧会がありました。この印象派のあとの時代に誕生するモダンアートを促したのがナビ派で、彼らも注目されるようになったのです。1993年にオルセー美術館とチューリッヒ美術館の監修で『ナビ派、1888-1900年』展が開催され、それ以降はボナールやモーリス・ドニ(1870~1943年)、エドゥアール・ヴュイヤール(1868~1940年)など、ナビ派メンバーの個々の展覧会も行われるようになりました。ご遺族の方が寄贈してくださったこともあって、もともとオルセー美術館はナビ派の作品を多数所蔵していました。さらに展覧会で再評価されたことによってコレクションは厚みを増し、現在はボナール、ヴュイヤールにおいては世界最大のコレクションを誇っています。近年ではマルシー=リヴィエール夫妻のコレクションがオルセーに一括寄贈され、今回、初めて海外で紹介されるものも多数来日しています」

日本とフランスのハイブリッド

 1867年、パリ近郊にブルジョワ階級の子息として生まれたボナールは、名門校で順調に学問を修め、18歳で大学入学資格(バカロレア)を取得して父の望んだ法学部に登録する。ナビ派結成と同じ1888年、21歳で法学士の学位を得るが、翌1889年、国立美術学校(エコール・デ・ボザール)に入学。フランス=シャンパーニュの広告コンクールで受賞し、法律の道を辞して画家となることを決意した。そして彼は、1890年に国立美術学校で開催された「日本の版画(日本の巨匠たち)展」に衝撃を受け、日本美術に傾倒していくことになる。

ピエール・ボナール《黄昏(クロッケーの試合)》 1892年 油彩、カンヴァス 130.5×162.2cm オルセー美術館 
© RMN-Grand Palais (musée d'Orsay) / Hervé Lewandowski / distributed by AMF

 「ナビ派のメンバーもまた日本の版画の独特な表現を高く評価していました。ボナールは所有していた版画を常に見ることができるように、アトリエの壁に飾っていたほどです。彼は日本画の新しい美的な形式に影響を受けました。たとえば、複数のモティーフを並べた奥行きのない遠近法や明確な輪郭線、描き込みと余白がもたらす緊張感、強烈な色彩を平板に用いる技法などですが、彼はそれらを咀嚼して、自分の日常生活や身近な人物の描写へと落とし込みました。

 このように日本とフランスの文化が交差し、ハイブリッドしていった良い例が《黄昏(クロッケーの試合)》(オルセー美術館蔵)です。装飾的で従来の遠近法を使わず、タイトルにもあるように2つの視点でアプローチしています。1つはクロッケーというミニゴルフのような試合に興じる家族を、もう1つは右上に見える空が黄昏色になっていて、その下で白いドレスの少女たちがダンスをしている非現実的な夢の世界を描いています。中心のうつむいている女性が、この当時よく描いていた妹のアンドレ、その隣の格子模様のドレスを着ている女性が従妹のベルト・シェドラン、左手前で座っている男性が父親のウジェーヌです。父親と従妹の格子柄は他の絵にもよく見られる表現で、体の立体感をわざとなくしフラットにしていますが、これも日本美術の影響。『黄昏』部分は生の喜びを表す聖なるダンスが描かれ、この命の喜びを謳歌するというテーマは、ボナールの生涯を通して脈々と続いていきます」

ミューズとの不思議な関係

 ナビ派として知られるボナールだが、彼らが活動をともにしていたのは10年ほどで、1900年あたりから個々の作風を追求していく。

 「その後のボナールは一部の批評家からは絶賛され、逆に批判されてもいました。ただ、個人の所蔵家もメセナにしても彼の作品を好む人は一定数いたのです。というのは、ボナールはナビ後、キュビスムにもフォビスムにも与せず、アバンギャルドからは一線を画して『抽象』には行きませんでしたから。ただボナールを、キュビスムが終ったころに始まった1950年代のアメリカ抽象表現主義の先駆けだったという人もいます」

生の移ろいを写しとめるために写真を撮っていたボナール。1890年代初頭から20世紀初頭にかけて撮影されたものが250枚以上残っているという 撮影:筒口直弘

 展覧会では先述したように、初期のナビ派時代のころから、晩年までのボナール作品を追うことができ、さらに、ナビ派時代のグラフィック・アートやボナールが撮りためたスナップショット、女性の身体、静物、風景といったように、テーマごとにも分けられている。デザインの才能をも感じさせるポスターや、日常のひとコマを切り取ったような活き活きとした写真の数々にも心を惹かれるが、ボナールの作品ではやはり、描かれる女性たちに目が行ってしまう。

 「ボナールの多くの絵画には、彼の両親、妹、義弟、甥、恋人、そして伴侶であったマルト・ド・メリニーがたびたび登場します。1893年、ボナールはパリの街角でマルトと出会い、1942年にマルトが亡くなるまで、マルトはボナールの心を捕えて離しませんでした」

持病の神経障害を和らげるために1日に何度も入浴したというマルトの日常的な動作を描いている  ピエール・ボナール《浴盤にしゃがむ裸婦》 1918年 油彩、カンヴァス 83×73cmオルセー美術館 
© Musée d'Orsay, Dist. RMN-Grand Palais / Patrice Schmidt / distributed by AMF

 ボナールのミューズであり続けたマルトだったが、婚姻届を出したのは、出会ってから30年以上経ってから。その際に、初めて本名(マリア・ブルサン)と実年齢(偽りの年齢より8歳年上だった)を知るなど不思議な関係だった。それを示すかのように、画中のマルトと思われる女性はどれも表情が判然とせず、彼女の内面をうかがい知ることはできない。

 「絵画の中ばかりではなく、写真でもマルトはいつもうつむいていて、顔がわからないようにしていました。ボナールと出会ったときのマルトは明るく社交的で、シャイなボナールはそこに惹かれていたようです。しかし、彼女は精神的な問題を抱えていたため、ボナール以外の人との関係を拒否するようになったり、ボナールもマルトの友人やほかのモデルたちと恋に落ちたりしていましたから、マルトを描いた作品を見れば、敏感な方は2人が辿った人生の“物語”を感じ取るでしょう。それでも、マルトはボナールのあらゆる時期の創作の源泉でした」

変化をもたらした恋人の死

描かれるのは情事後の男女か。明暗の対比、中央の衝立は物理的、心理的な隔たりを感じさせる。ボナールの作品にはよく動物が登場するが、「初期のころの性的な場面を描いた作品の中では、官能的なものの暗喩という意味合いもあったでしょう」(カーン氏) ピエール・ボナール《男と女》 1900年  油彩、カンヴァス 115×72.3cm オルセー美術館 
© RMN-Grand Palais (musée d'Orsay) / Tony Querrec / distributed by AMF

 マルトと出会ってほどなくして描かれた《黒いストッキングの少女》(オルセー美術館蔵)から始まり、1900年までに描かれた裸体画では、寝室を描いた作品に大胆な姿態の女性が登場している。官能的で親密な関係を思わせるそれらの裸婦のモデルはマルトだが、見る側がまるで彼らの日常を覗いているかのような感覚に陥ってしまうほど生々しい。その後、1907年ごろから浴室や鏡の前で身づくろいする女性を好んで取り上げるようになり、陰鬱だった画面は明るい色彩を帯びていく。そして、1916年、ボナールはマルトの友人であるルネ・モンシャティと激しい恋に落ち、かかりつけの医師の妻だったリュシエンヌ・デュピュイ・ド・フルネルとも関係を持ってしまう。彼らと出会うことで、画家の絵、とりわけ浴槽や盥を描く作品の中には、様々な女性が入り込むようになった。

 「1925年、若い女性に恋をしたボナールへの嫉妬に狂ったマルトは、結婚をするように迫ります。そして、彼らの結婚式から数週間後、恋人のルネは自殺してしまったのです。この恋人の死が、ボナールの絵に変化をもたらします。複数存在している《浴槽の裸婦》の1つは、湯船に水平に横たわるマルトが顔も見えず、まるで棺に納められているような死を連想させる構図になっているのに、周囲はきらめくような色彩を用いている作品で、恋人の死からこの連作を描き始め、マルトが亡くなったあともボナールは手を加え続けます。様々な解釈がありますが、ボナールは人生で何か起こるたびに、それを直接的に表現するのではなく、その影響が絵画上に現れるような描き方をしているのです。残念ながら、《浴槽の裸婦》は本展覧会には出展されていないのですが……」

 50年近くにわたって、ポーズやフレーミング、背景に変化をつけて裸婦を追求し続けたボナール。その画面から彼の心のひだを読み解いてみるのもいいかもしれない。

50年以上にわたって様々な裸婦を描いた 
撮影:筒口直弘

 「裸婦のほかにも、ボナールは風景や静物にそれぞれ“命”が宿っているように描くことを追求していました。即興で描くことはなく、彼の中にある理想世界を追い求め、何度も手を加えています。彼は生涯にわたる作品を通して芸術的な側面にとどまらず、人間性においても、価値観やものに対する見方を現代の私たちに伝えています。特に自然や時間に対する鋭い感覚などですが、それは私たちが生活するうえで助けになることでしょう。ボナール作品の光と色彩の美しさを中心に、そのことを感じ取っていただけたらと思います」

 

オルセー美術館特別企画 ピエール・ボナール展

会期:12月17日(月)まで 

会場:国立新美術館

休館日:火曜日

開館時間:10:00~18:00(毎週金・土曜日は20:00まで) ※入場は閉館の30分前まで

 

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
クローズアップ
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 最新コメント
  • 最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top