【水】特別対談(3)、中国大方針(上)、(下)、
   中米「資源紛争」

執筆者:フォーサイト編集部 2018年11月14日
カテゴリ:

昨日午後、下記の3本をアップロードしています。

【特別対談】白戸圭一×篠田英朗:「アフリカ」から見える「日本」「世界」のいま(3)アフリカは国連PKOの主戦場――しかしここでも、中国に水をあけられている日本。その鎖国性はなにゆえか、そして何を目指すべきなのか。論客の対談、全7回の第3回です!

 

米「中間選挙」後の習近平政権「3つの基本大方針」(上)(中国・台湾の部屋・野口東秀さん)10月、ペンス副大統領が激越な口調で中国批判の演説をぶちましたが、中間選挙を経ても、その米国の対中姿勢は変わりません。さて、中国はどう対応するのか。前編です。

 

米「中間選挙」後の習近平政権「3つの基本大方針」(下)(同)来日したペンス米副大統領は、安倍首相との会談でも対中対応を日米で協力しようと迫りました。対する習近平政権の基本方針は3つです。後編、注目を集めています。

 

17時には、こちらも、「トランプ『今日のつぶやき』解説付!」ツイッターを駆使したトランプ大統領の「口先介入」ならぬ「指先介入」は12日、「原油価格」に向けられました。それでもOPECが減産に踏み切るかどうか、注目が集まっています。

 

そして今朝の更新記事は、こちら。

「ガイアナvs.ベネズエラ」紛争の歴史に絡む「米中露」覇権争い(エネルギーの部屋・岩瀬昇さん)資源をめぐる小国間の紛争には、その背景に歴史的な超大国同士の覇権争いも絡みます。この争いの決着はどうつくのか、日本外交も他山の石とすべきでは!?

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
クローズアップ
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 最新コメント
  • 最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top