【金】独CDU党首選、中国の「無知」と「無恥」、
   孟CFO逮捕、「中東通信」

執筆者:フォーサイト編集部 2018年12月21日

昨日午後、以下の2本の記事をアップロードしました。

「メルケル後継」CDU党首選「運命の35票」分岐の点と線(ヨーロッパの部屋・花田吉隆さん):ドイツはもとよりヨーロッパの今後を決めると言っても過言ではないCDU党首選挙で勝者に立ったのは、メルケル路線継続派のクランプ=カレンバウアー幹事長。何が勝敗を分けたのでしょうか。

 

「米中貿易戦争」を加熱させる中国の「無知」と「無恥」(中国・台湾の部屋・柯隆さん):中国では末尾に「9」のつく年が特別な意味を持っているそうです。そんなかの国の来年を占う「米中貿易戦争」について、「無知」と「無恥」という過去の教訓から解説しています!

 

17時には「トランプ『今日のつぶやき』解説付!」も更新しています。突如、シリアからの撤退を決めたトランプ大統領。各国に戸惑いが広がる中、当人は「ISISに勝利した」とオメデタイつぶやきを連発しました。

 

そして本日の更新記事は、春名幹男さんの「孟CFO逮捕は『アル・カポネ戦略』:大統領に知らせなかった『本当の理由』」(インテリジェンス・ナウ)です。ファーウェイCFOの逮捕について、トランプ大統領は事前に知らされていなかった――そうせざるを得なかった切実な理由が、米情報コミュニティにはあったのです。

 

「池内恵の中東通信」も、以下の記事をアップロードしています。ぜひお読みください。

米軍がシリアから早期撤退へ:同盟国や周辺国の事情は無視、安全保障の担当部署らにも相談なく独断で「勝った」と結論付けてさっさと撤退指示――という経緯だとしたら、さらなる混乱も起きそうです。

 

 

カテゴリ:
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」で常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
フォーサイトのお申し込み
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top