【水】トランプ再選、IWC脱退、
   ジョージア映画、韓国「駆逐艦」

執筆者:フォーサイト編集部 2019年1月9日
カテゴリ:

昨日の午後、以下3本の記事をアップしました。

トランプ大統領は「レーガン再選」を踏襲できるか(アメリカの部屋・足立正彦さん):互いに「アウトサイダー」であるなどいくつかの共通点があることから当初から比較されていた現職と元大統領の2人。ただし、「元」の人は見事再選を果たしていますが、さて現職はそう簡単ではなく……。

 

「政策論理」で分かる「IWC脱退」の意義(国際機関の部屋・鈴木一人さん):年末に発表された、日本のIWC脱退。さまざまな見解が飛び交っていますが、脱退の意義は何なのか、そもそもIWCとはどんな組織なのか、「政策論理」という観点から分析します。

 

「元政治家」監督が「ブラックユーモア」で描き出すジョージアの「今」(前田弘毅さん):故郷を忘れるほど野心に溢れ、大臣にまで登りつめ、その椅子の座り心地に満足する男。が、嘘と騙し合いで失脚し、ボロボロになって故郷にたどり着いて気づいたのはーー寓話的で辛口のユーモア、諧謔に満ちたジョージアの「現在」です。

 

17時には、「トランプ『今日のつぶやき』解説付!」も更新しています。「メキシコ国境における人道危機と国家安全保障上の危機」について演説することになったトランプ大統領。どんな文句と言い訳が出てくるのやら。日本時間の9日午前11時、お見逃しなく!

 

そして今朝の更新記事は、関裕二さんの好評連載・国際人のための日本古代史(107)「韓国『駆逐艦』に『北朝鮮英雄名』の『皮肉』」です。昨年末から報道されている韓国軍レーダー照射問題。筆者が古代史の視点で驚いたのは、古代高句麗の王や将軍の名にちなんだ駆逐艦の名前でした。そこにはどんな意味があるのでしょうか。

 

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
クローズアップ
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 最新コメント
  • 最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top