【金】ニューハンプシャー、ジョージア・ラグビー、
   露仏「ワーキングディナー」

昨日午後、以下2本の記事をアップロードしました。

3つの視点から重要となる「ニューハンプシャー州」(アメリカの部屋・足立正彦さん):2016年は大接戦の上、僅差でヒラリー候補に敗れたこの州で、次回再選では雪辱を晴らそうと自ら乗り込んでしきりと民主党批判の熱弁を奮っています。激戦州の1つ、要注目です。

 

実は「ラグビー大国」ジョージアは「W杯」のダークホースとなるか(前田弘毅さん、レヴァン・コグアシュヴィリさん):開幕まで1カ月を切ったラグビー杯。日本ではワインでお馴染みのジョージアも実はラグビー大国で、国民のアイデンティティと密接に結びついているのです。

 

17時には藤原朝子さんの『トランプ「今日のつぶやき」解説付!』も更新しています。トランプ大統領が「偉人」と持ち上げたのは、G7での初会談でさっそく意気投合したお友達、「イギリスのトランプ」ことボリス・ジョンソン首相。合意なき離脱を後押ししました。

 

そして今朝の更新記事は、西川恵さんの好評連載「饗宴外交の舞台裏」第253回「『G7直前』マクロン主催『ワーキングディナー』がもたらした『仏露接近』」です。G7直前、マクロン仏大統領はプーチン露大統領を南仏に招いて会談しました。ワーキングディナーを囲んで続けられた議論はどんな成果をもたらしたのでしょうか。またそのメニューに込められた思いとは。

 

カテゴリ:
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」で常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top