【木】コロンビア危機、ボルトン解任、
   古代史「三種の神器」

執筆者:フォーサイト編集部 2019年9月12日
カテゴリ:

昨日午後、下記の記事をアップロードしています。

南米コロンビア「和平合意」3年目の危機 田村剛『朝日新聞』元サンパウロ支局長インタビュー(フォーサイト編集部)コロンビア政府とゲリラ組織FARCとの和平合意から3年、一部の元戦闘員が武装蜂起再開を宣言しました。この危機をどう見るのか。朝日新聞元サンパウロ支局長の田村剛氏が解説!

 

また、トランプ政権で安全保障問題担当の大統領補佐官を務め、対イラン、北朝鮮問題などで強硬策を進めていたジョン・ボルトン氏が解任されたことを受け、有益な過去記事を再読していただきたいと考え、2016年11月15日にアップロードしたていた池内恵さんの「中東の部屋」記事を再掲しました。

トランプ時代の中東(2)国務長官候補ジョン・ボルトンの対イラン政策論まだ補佐官起用前にアップした記事ですが、「ボルトンとは何者か」を知るうえで非常に有益ですので再掲。とりわけ対イラン問題でどのような思考だったか、池内さんが明快に解説しています。

 

そして17時には、そのボルトン氏の解任を発表したトランプ大統領のツイッター翻訳・解説「トランプ『今日のつぶやき』解説付!」(藤原朝子さん):解任であっても「彼はグレイトな仕事をした」と取り繕うのがトランプ流ですが、今回は「もうホワイトハウスで働く必要はない」との実に冷たい一言で、「働きに感謝」という言葉が空虚に響きます。

 

さらに、今朝の更新記事はこちら。

国際人のための日本古代史 (115)「もとは二種」皇位継承「三種の神器」に隠された因縁と歴史(関裕二さん)皇位継承の際に最も重視される「三種の神器」ですが、もともとは「二種」であったとご存じだったでしょうか? 古代から続く神器をめぐる深い因縁を関さんが解き明かしてくれます。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top