【木】ペルー政変、ウクライナ大統領、
   米朝協議とSLBM

執筆者:フォーサイト編集部 2019年10月10日
カテゴリ:

昨日午後、以下の2本の記事をアップロードしました。

「政変」勃発ペルー「大統領VS.フジモリ派」の行き着く先(中南米の部屋・遅野井茂雄さん):ペルーのビスカラ大統領が汚職撲滅を阻む野党に対抗すべく「ウルトラC」で議会を解散。大揺れとなっています。「フジモリ時代」から尾を引く根深い政治的対立の行く着く先とは――。

 

「ウクライナ疑惑」ばかりじゃない「コメディアン大統領」に吹く逆風(古葉祥太さん):4月、国民の圧倒的な支持を受け、ウクライナの大統領に就任したゼレンスキ―氏。しかし、トランプ大統領を震源とした「ウクライナ疑惑」に加え、政治に食い込む財閥との癒着など「懸念」も目立つようになってきました。

 

17時には、リニューアルした『トランプ「今日のつぶやき」解説付!』(藤原朝子さん)も更新しています。8日はウクライナ疑惑の中心人物が下院委員会の聴取を受ける予定でしたが、まさかの「禁止命令」が! 非協力的な政府の対応に批判が高まる中、トランプ大統領は相変わらずピントのズレたツイートを続けています。

 

そして本日の更新記事は、こちらです。

米朝協議「決裂」対「よい議論」その先の「攻防」とは(朝鮮半島の部屋・平井久志さん):突如その開催が発表され、たった1日で終わった米朝実務協議。かたや「決裂」こなた「よい議論」と評価も分かれましたが、その裏でどんなせめぎあいがあったのでしょうか。

 

 

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」で常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top