【水】『もやしもん』、米州「採掘権購入」、
   「記事撤回要求」反論(上)

執筆者:フォーサイト編集部 2020年3月4日
カテゴリ:

昨日午後、以下の2本の記事をアップロードしました。

「見えないウイルス」の世界を覗き見る:石川雅之『もやしもん』(独選「大人の必読マンガ」案内・高井浩章さん):今回、『大人のマンガ案内』で紹介するのは、新型コロナウイルスが世界中で猛威を奮っていますが、菌やウイルスに関する知識を仕入れる教材代わりにもなる『もやしもん』です。「学園モノ」としても秀逸で、「ウンチク」話も豊富。「おもしろくてためになる」を地で行くマンガです。

 

米「ワイオミング州」の「蛮勇」は「吉」か「凶」か(エネルギーの部屋・岩瀬昇さん):環境問題が世界中で問われ、ステークホルダーでさえ石油会社に厳しい要求を迫るこのご時世に、ワイオミング州のこの選択は「蛮勇」にも見えます。果たしてこれが州経済、州民、あるいは米国、そして世界経済にどういう影響をもたらすことになるのか。

 

17時には『トランプ「今日のつぶやき」解説付!』(藤原朝子さん)も更新しています。「2020年11月に何が起きるか注目だ!」スーパーチューズデーを前に、トランプ大統領は余裕の構えです。一方の民主党は、ブティジェッジ候補とクロブチャー候補が撤退し、バイデン元副大統領への支持を表明。投票がはじまっています!

 

そして本日の更新記事は、こちら。

「偽装留学生」記事「撤回要求」への反論(上)(「人手不足」と外国人・出井康博さん):驚きです。筆者の出井さんが昨年4月に書いた「偽装留学生」関連記事について、「日本語教育学会」副会長である学者が撤回を要求してきたのです。ところがその理由たるや――2回にわたって反論します。

 

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」で常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
フォーサイトのお申し込み
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top