灼熱 評伝「藤原あき」の生涯

灼熱――評伝「藤原あき」の生涯(93)

執筆者:佐野美和 2020年3月22日
エリア: アジア
撮影年不詳ながら、義江との離婚、独り立ちを決意した頃のあき(自伝『ひとり生きる』(ダヴィッド社、1956年より)

 藤原あきはその半生で様々な扉を開いてきた。

 第1の扉は、妾腹の娘に生まれるも裕福で何不自由のない生活から一転、満16歳で眼科医の宮下左右輔のもとに嫁にやられ、2人の娘に恵まれるも家を飛び出してしまう。

 第2の扉は、『我らのテナー』で売り出し中の藤原義江に熱を上げ相思相愛となり、宮下と離婚後、義江を追ってイタリアに行き、のちに結婚する。

 第3の扉は、義江が旗揚げした『藤原歌劇団』を切り盛りしながら、妻、母としての生活。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
佐野美和 政治キャスター。東京都八王子市出身。株式会社チェリーブロッサムインターナショナル代表取締役。大学在学中、フジテレビの深夜番組として知られる『オールナイトフジ』のレギュラーメンバー「オールナイターズ」の一員として活躍した。1992年度ミス日本に選ばれる。TBSラジオのパーソナリティ、TBSラジオショッピングの放送作家を経て、1995年から2001年まで八王子市議会議員として活動。以後はタレントとしてテレビ出演のほか、講演会も精力的に行う。政治キャスターとしてこれまで600人以上の国会議員にインタビューしている。主な書籍に『アタシ出るんです!』(KSS出版)、『あきれたふざけた地方議員にダマされない!』(牧野出版)などがある。
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top