アルケゴス「ポジション500億ドル」の追加清算に怯える市場

IN-DEPTH[ニュースの深層]

執筆者:鷲尾香一 2021年3月31日
エリア: 北米
野村ホールディングスはドル建て社債の発行も中止 (C)EPA=時事

ビル・フアン氏の資産は50億~100億ドル。その運用時のレバレッジ比率は500%にもなるとされ、まだポジション整理は終わっていないと懸念の声も。

「世界中で続いた過剰流動性相場の終焉の始まりになるかも知れない」(大手証券会社)。

 米投資会社アルケゴス・キャピタル・マネジメントを震源とする野村ホールディングス(HD)やクレディ・スイス・グループなどの巨額損失発生は、市場関係者に大きな不安を惹起した。

 アルケゴス・キャピタルは米ヘッジファンドのタイガー・アジア・パートナーズの元運用者であるビル・フアン氏が運用するファミリーオフィス、つまり家族の資産を運用する投資会社だ。同社が3月26日に200億ドル(約2兆2000億円)と言われる巨額のポジションを清算したことで、保有していた百度(バイドゥ)やバイアコムCBSなどの株価が大きく下落した。

カテゴリ: 経済・ビジネス
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
鷲尾香一 金融ジャーナリスト。本名は鈴木透。元ロイター通信編集委員。外国為替、債券、短期金融、株式の各市場を担当後、財務省、経済産業省、国土交通省、金融庁、検察庁、日本銀行、東京証券取引所などを担当。マクロ経済政策から企業ニュース、政治問題から社会問題まで様々な分野で取材・執筆活動を行っている。
フォーサイトのお申し込み
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top