2021年を回顧する 今年刊行された注目本とこれから翻訳が期待される本

執筆者:植田かもめ 2021年12月19日
カテゴリ: カルチャー
植田さんが今年イチオシする、ビル・ゲイツ『地球の未来のため僕が決断したこと 気候大災害は防げる』(早川書房刊)
2021年は、気候変動や新しい経済と社会について考える一年であったと言えよう。「読書」は主体的に熟考する時間をもたらしてくれる。そんな時間のお供になる注目本の数々。

 デジタル時代になっても、世界の多くの国で、紙の本は電子書籍よりも売れ続けている。Statista社の2020年の調査データによると、英米や日本では紙の書籍を購入した人口の割合は電子書籍の購入割合の約2倍。最も電子書籍の購入割合が高い中国でも、紙の書籍の購入割合には及ばない。ドイツでは、紙の書籍を購入した人の割合が人口の約60%であるのに対して、電子書籍を購入した人の割合は約10%と大幅に少ない。

この記事だけをYahoo!ニュースで読む>>
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
執筆者プロフィール
植田かもめ 洋書を中心とした書評家。Webメディアや雑誌への寄稿を行う。フィクション、アート、ビジネス、テクノロジー、科学などジャンル問わずに未訳本を紹介するブログ「未翻訳ブックレビュー」を運営。本業は経営やITのコンサルタント。
フォーサイトのお申し込み
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top