EU独禁法違反か否か いまさら再検証されるソニー・ベルテルスマン統合

執筆者: 2006年9月号
カテゴリ: 国際 経済・ビジネス
エリア: ヨーロッパ

 欧州連合(EU)による独占禁止法の厳格な運用が、世界規模の音楽事業再編に大きな衝撃を広げている。 ソニーと独ベルテルスマンが二〇〇四年に共同出資で設立したソニーBMGについて、EUの欧州司法裁判所(第一審裁判所)が事業統合を無効とする判決を決定。合弁事業の継続に黄信号が出た。音楽事業にとどまらず、巨大企業の再編では欧州での「法的リスク」が看過できなくなってきた。 事の発端は七月十三日にEUの第一審裁判所が下した判決。欧州委員会が〇四年に承認したソニーとベルテルスマンの音楽事業統合について「あまりにおざなりな判断だった」とし、当時の欧州委員会の承認を無効と判断した。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top