饗宴外交の舞台裏
饗宴外交の舞台裏 (206)

再来日した仏大統領「元事実婚夫人」単独インタビュー

執筆者:西川恵 2015年7月15日
エリア: ヨーロッパ アジア

 フランスのオランド大統領と事実婚にあったバレリー・トリルベレールさん(50)が、東日本大震災の被災地支援を行っている同国の人道支援団体「人間の絆(SPF)」の一行と来日した。昨年1月、大統領の不倫発覚で関係を解消して以来初の来日で、筆者とのインタビューに応じた。最近の活動、ファーストレディーが置かれている厳しい状況、安倍晋三首相の昭恵夫人との関係などについて語ってくれた。

 SPFは昨年10月、日本財団との協力で、宮城県石巻市長面地区に地元漁民らの交流施設を完成させた。今回、SPF幹部とトリルベレールさんは地元漁民との交流のため7月上旬に来日。一行はカキ養殖場を視察し、水揚げされたばかりのアナゴの白焼きやカキの蒸し焼きが住民から振る舞われた。

カテゴリ: 社会 軍事・防衛
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
西川恵 毎日新聞客員編集委員。1947年長崎県生れ。テヘラン、パリ、ローマの各支局長、外信部長、専門編集委員を経て、2014年から客員編集委員。2009年、フランス国家功労勲章シュヴァリエ受章。著書に『皇室はなぜ世界で尊敬されるのか』(新潮新書)、『エリゼ宮の食卓』(新潮社、サントリー学芸賞)、『ワインと外交』(新潮新書)、『饗宴外交 ワインと料理で世界はまわる』(世界文化社)、『知られざる皇室外交』(角川書店)、『国際政治のゼロ年代』(毎日新聞社)、訳書に『超大国アメリカの文化力』(岩波書店、共訳)などがある。
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top