【火】WHO、韓国新政権(6)、医療崩壊(1)、
   「中東通信」カタール3本

執筆者:フォーサイト編集部 2017年6月6日
タグ: 文在寅 国連

昨日午後、「専門家の部屋」の「国際機関」と「朝鮮半島」に下記の新エントリをアップロードしました。

「光」も「影」も見えたWHO事務局長選挙(国際機関・鈴木一人さん)5月23日に行われた、WHO事務局長選挙。こちらも国連事務総長選挙と同じく、初の「開かれた」選挙になりました。透明性は増しましたが、反面、「影」の部分も浮き彫りになったようです。

 

韓国「文在寅政権」誕生(6) 「財閥改革」「格差是正」で目指す「積弊の清算」(朝鮮半島・平井久志さん)経済関連の人事や政策に手を付け始めた文政権。目指すは積年の課題である「財閥改革」と「格差是正」ですが、すでに財界から反発の声も。前途は厳しそうです。

 

そして「池内恵の中東通信」では、昨日に引き続き、対カタール断交問題について立て続けに3本の更新情報があります。

GCCの分裂はサウジとカタールの断交へサウジにとってはカタールのイラン接近姿勢が、エジプトにとってはカタールのムスリム同胞団支援が、容認し難かったのだろう。情報合戦の過熱は必至で、アラブ・メディア空間の「フェイク・ニュース」「オルターナティブ・ファクト」の混入度合いが一層増しそうである。

 

対カタール断交にイエメン・モルディブも追随モルディブは、サウジとカタールの紛争に、一体どういう関係があるというのだろうか――。それほど深い関係がなさそうなイエメン・モルディブ追随の意味を指摘しています。

 

対カタール断交を行う次の国は?「予言」の根拠は、去年1月のサウジの対イラン断交があります。カタールとサウジを天秤にかける周辺国の苦悩やいかに。

 

そして本日の更新記事は、医療ガバナンス研究所の上昌広理事長による新連載「医療崩壊」第1回「税金に頼らない『自由な民間研究者』を育成せよ」です。アテにならない国の助成に頼るより、知恵と工夫と粘り強い試行錯誤で、世界が注目する研究開発を成し遂げられます。その実例とヒントがここに!

 

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」で常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
キャンペーンお申し込み
フォーサイトのお申し込み
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top