国際人のための日本古代史
国際人のための日本古代史 (87)

世界遺産「沖ノ島」で改めて注目される「海人」のネットワーク

執筆者:関裕二 2017年6月8日
タグ: 国連 日本
エリア: アジア
沖津宮で行われる5月の大祭(筆者撮影)

 

 ユネスコ(国連教育科学文化機関)の諮問機関(イコモス)が宗像(むなかた)大社(福岡県宗像市)の沖ノ島と周辺の3つの岩礁を世界遺産登録するよう勧告した。自然崇拝にもとづく祭祀の価値が認められようとしている。

 宗像大社は宗像三女神を祀る3つの宮からなる。市杵嶋姫神(いちきしまひめのかみ)を祀る辺津(へつ)宮(宗像市田島)、湍津姫神(たぎつひめのかみ)を祀る中津宮(筑前大島。本土から約10キロ沖合)、田心姫神(たごりひめのかみ)を祀る沖津宮(沖ノ島。大島から約50キロ沖合)だ。

カテゴリ: カルチャー
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
執筆者プロフィール
関裕二 1959年千葉県生れ。仏教美術に魅せられ日本古代史を研究。武蔵野学院大学日本総合研究所スペシャルアカデミックフェロー。著書に『藤原氏の正体』『蘇我氏の正体』『物部氏の正体』、『「死の国」熊野と巡礼の道 古代史謎解き紀行』『「始まりの国」淡路と「陰の王国」大阪 古代史謎解き紀行』『「大乱の都」京都争奪 古代史謎解き紀行』『神武天皇 vs. 卑弥呼 ヤマト建国を推理する』など多数。最新刊は『古代史の正体 縄文から平安まで』。
フォーサイトのお申し込み
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top