【月】マネーの魔術史、軍事、
   露「対米制裁強化」、小説、
   韓国「脱原発」

執筆者:フォーサイト編集部 2017年8月14日
カテゴリ:

先週木曜午後から週末にかけ、下記の記事をアップロードしています。

 

マネーの魔術史(11) 南部の政府紙幣グレイバックスの失敗(野口悠紀雄さん)米の南北戦争時、南部は綿花を担保にした公債「綿花債」で戦費調達を行いました。「綿花」に悪乗りした南部の行きついた先は……。

 

軍事のコモンセンス(28) 「軍事技術力」の強化は「研究」「実験」重視から(冨澤暉さん)軍事の世界は技術の世界でもあります。装備は性能はもちろん、使い勝手ももちろん重要。その両方を追求するには、やはり不断の研究と実験が不可欠なのです。

 

「制裁強化法」成立後の米露「悪夢の選択」(ロシアの部屋・名越健郎さん)せっかく首脳会談も実現した直後、米議会では制裁強化を決議。対抗策としてロシアは中国に急接近です。結果、日本の領土問題にも深刻な影響がーー。

 

連載小説 Δ(デルタ)(17)(杉山隆男さん)中国人集団による巡視船乗っ取り事件は、全世界に衝撃を与えた。が、なぜか、アメリカの反応は冷ややかだった。「センカク」はスルーされてしまうのか。日米安保は?

 

そして、本日の更新記事は、杜耕次さんの「不祥事続きの『国策産業』に『韓国』が取り組む『脱原発』の成否」です。事故事件が相次ぎ、文大統領が「脱原発」宣言を行なった韓国。もし事故が起これば、日本の広範囲へ放射性物質が飛散するという試算もあります。

 

 

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top