【火】エネルギーの誤解、欧州ポピュリズム、
   小説、本の虫、印象派コレクション、
   北朝鮮サイバー

執筆者:フォーサイト編集部 2018年2月13日
カテゴリ:

先週金曜日から連休中にかけて、以下の5本の記事をアップロードしました。

「エネルギー=電気・電力」という誤解に注意!(エネルギーの部屋・岩瀬昇さん):正しい認識に基づいて物事をみなければ、分析や見立ても誤り、導かれる結論も変わってくるということです。

 

チェコで学ぶ医学生が感じる欧州「ポピュリズム」の波(MRICの部屋・医療ガバナンス学会):チェコの医学部で学ぶ学生が、昨秋の首相選挙以来、肌で感じたこと、現地の人々との交流で考えたことを率直に綴っています。

 

連載小説 Δ(デルタ)(43)(杉山隆男さん):巡視船「うおつり」に残った愛国義勇軍兵士の一連の動きから、首相官邸は、義勇軍内部が一枚岩でないことを知る。北京が一枚噛んでいる――そう判断した。

 

奥田亜希子『リバース&リバース』 評者:中江有里(女優・作家)(本の虫):読後、多感だった時代の過去を思い出してひとつひとつ確認したくなるという本書。評者曰く「珠玉の青春小説」で、「あの頃」を見つめ直すのもいいかもしれません。

 

「反体制」「武器」「強盗」「裁判」――数奇な運命をたどった印象派コレクション(フォーサイト編集部):いよいよ2月14日から「至上の印象派展 ビュールレ・コレクション」が始まります。数奇な運命をたどった作品の来し方を知って、展覧会をより楽しみましょう。

 

そして本日の更新記事は、「コインチェック『仮想通貨強奪』は北朝鮮の仕業か:激化する『サイバー金融戦争』」(インテリジェンス・ナウ:春名幹男さん)です。コインチェックの仮想通貨流出事件、北朝鮮サイバー部隊による「強奪」説が出てきました。制裁による財政悪化を補っているようです。

 

 

 

 

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
クローズアップ
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 最新コメント
  • 最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top