国際人のための日本古代史
国際人のための日本古代史(100)

100回記念で再確認する「天皇」「ヤマト」「日本人」の正体

執筆者:関裕二 2018年6月11日
カテゴリ: 国際 文化・歴史
エリア: 日本
福岡市の板付遺跡。水田稲作を選択したのは縄文人だった?(筆者撮影、以下同)

 

 連載もいよいよ100回だという。約8年、良くここまで続いたものだと思う。編集長・内木場重人氏、前編集長・安河内龍太氏の御尽力のおかげだ。

 そこで記念すべき今回のテーマは、ずばり「国際人のための古代史」にする。初心に戻り、日本人の正体を世界の人びとに説明するためのヒントを、まとめておこう。

守り通した「多神教信仰」

 日本人は、日本の歴史に無頓着だ。「なぜ天皇を推戴しているのか」「神道とは何か」と聞かれても、答えることはできないだろう。これでよいわけがない。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
関裕二 1959年千葉県生れ。仏教美術に魅せられ日本古代史を研究。『藤原氏の正体』『蘇我氏の正体』『物部氏の正体』(以上、新潮文庫)、『伊勢神宮の暗号』(講談社)、『天皇名の暗号』(芸文社)、『「死の国」熊野と巡礼の道: 古代史謎解き紀行』 (新潮文庫)など著書多数。最新刊に『神武天皇 vs. 卑弥呼 ヤマト建国を推理する』(新潮新書)、『古代日本人と朝鮮半島』(PHP文庫)がある。
クローズアップ
comment:11
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top