「党首辞任」でも「首相続投」メルケル流「深謀遠慮」の極意

執筆者:花田吉隆 2018年11月2日
エリア: ヨーロッパ
「辞め方」も熟考した(C)AFP=時事

 

 10月29日、アンゲラ・メルケル首相は記者会見で、12月に行われる「キリスト教民主同盟」(CDU)党首選挙に立候補しない旨表明した。併せてその際、2021年までの任期いっぱい首相職を務め、同年行われる予定の総選挙には立候補せず政界を引退する旨も明らかにした。

 ここに至り、ついに13年に及ぶメルケル政権の終わりが宣言された。

 メルケル首相がCDU党首に就任した時から数えれば18年のメルケル時代と言ってもいいかもしれない(2021年まで入れれば更に3年増える)。その間、ドイツの国力は大いに増し、メルケル首相は「欧州の盟主」とまで言われた。EU(欧州連合)におけるドイツの地位は他を圧し、ドイツの意向を無視してEUの舵取りはできないというのが現実である。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
花田吉隆 元防衛大学校教授。1977年東京大学法学部卒業。同年外務省入省。在スイス大使館公使、在フランクフルト総領事、在東ティモール特命全権大使、防衛大学校教授などを歴任。
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top