「メルケルの欧州」考:「アンゲラ・メルケル」とは何者だったのか

執筆者:花田吉隆 2018年12月4日
エリア: ヨーロッパ
2015年以降のヨーロッパ政治の変化は、メルケル首相(写真)にとっては異物でしかなかった (C)AFP=時事

 

 ドイツ政治は一斉に「メルケル後」に向け走り出した。と同時に、「アンゲラ・メルケル」とは一体何者だったのか、そう問う論評が各紙をにぎわしている。その中ではスイスの『ノイエ・チュルヒャー・ツァイトゥング』紙が鋭い。

異物だった「アイデンティティー」重視

 メルケル首相を振り返るとき、3つの視点が有効かもしれない。

 第1は、改めて言うまでもないが、ヨーロッパの政治風景は2015年を境に一変した。それまでは「グローバル化」と「統合」が進行し、それと共に、「冷静」で「合理的判断」が支配的だった。強権的ではない、という意味では、「女性的」な優しさが支配した時期と言ってもいいかもしれない。これが、2015年を境に様変わりしたのだ。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
花田吉隆 元防衛大学校教授。1977年東京大学法学部卒業。同年外務省入省。在スイス大使館公使、在フランクフルト総領事、在東ティモール特命全権大使、防衛大学校教授などを歴任。
クローズアップ
comment:1
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 最新コメント
  • 最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top