【木】新防衛大綱、中国「宇宙制覇」(上)(下)、
   独「2つの選挙」  

執筆者:フォーサイト編集部 2019年1月10日
カテゴリ:

昨日の午後、以下3本の記事をアップしました。

「防御」から「攻勢」に転換した「新防衛大綱」の問題点(安全保障の部屋・林吉永さん):年末に発表された5年ぶりの「防衛大綱」、海自初の事実上の「空母」計画も盛り込まれていると話題になりましたが、よくよく検証すると多くの問題点がありました。

 

世界初「月の裏着陸」中国が狙う「宇宙制覇」最前線(上)(中国・台湾の部屋・野口東秀さん):お正月の話題となった世界初の「月の裏側」着陸を一例に、「宇宙強国」を目指して邁進している中国。そのプロジェクトや技術の最前線について、「中国・台湾の部屋」の野口東秀さんが2回に分けてお届けします!

 

世界初「月の裏着陸」中国が狙う「宇宙制覇」最前線(下)(中国・台湾の部屋・野口東秀さん):「宇宙強国」を目指してあの手この手を繰り出す中国。その詳細を2回に分けてお届けしている野口東秀さんの「中国『宇宙制覇』最前線」(下)です!

 

17時には、「トランプ『今日のつぶやき』解説付!」も更新しています。大々的に宣伝したわりに……というテレビ演説の内容に、拍子抜けした人も多かったことでしょう。しかし本人は相変わらずツイッターで自画自賛。見ている「現実」が違うようです。

 

そして今朝の更新記事は、ヨーロッパの部屋・花田吉隆さんの「『2つの選挙』を迎えるドイツに『波乱』はあるか」です。政治の安定が崩れた2018年のドイツ。今年は、5月のEU(欧州連合)議会選挙と秋の地方選挙という試練を迎えます。筆者はそこから大胆にドイツ政治を予測しています。

 

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
クローズアップ
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 最新コメント
  • 最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top