「世界景気減速」で急浮上「日銀まさかの追加緩和」はあるか

執筆者:鷲尾香一 2019年2月1日
エリア: 北米 日本
追加利上げ「断念」を苦渋の表情で発表したFRBのジェローム・パウエル議長(C)AFP=時事

 

 米中貿易戦争に端を発した世界経済の減速懸念が強まっている。

 こうした状況に対して、市場関係者の間では、日本銀行に対して追加の金融緩和を求める声が出始めている。世界でも例のない「異次元」の緩和政策を取り続けている日銀にとって、果たして、これ以上のさらなる追加金融緩和など可能なのだろうか。具体的には、どのような追加緩和策があるというのか――。

米「追加利上げ」を見送り!

 IMF(国際通貨基金)は1月21日、世界経済見通しを発表したが、世界経済の成長率予測を、2018年10月時点の予測から下方修正し、2019年を3.5%、2020年を3.6%とした。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
鷲尾香一 金融ジャーナリスト。本名は鈴木透。元ロイター通信編集委員。外国為替、債券、短期金融、株式の各市場を担当後、財務省、経済産業省、国土交通省、金融庁、検察庁、日本銀行、東京証券取引所などを担当。マクロ経済政策から企業ニュース、政治問題から社会問題まで様々な分野で取材・執筆活動を行っている。
クローズアップ
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top