【水】一般教書解説、ベネズエラ危機、
   油価操作疑惑、米朝「激烈交渉」(1)

執筆者:フォーサイト編集部 2019年2月13日
カテゴリ:

昨日午後、以下の3本の記事をアップロードしました。

「What’s New?」トランプ「一般教書演説」ポイントと評価(アメリカの部屋・渡部恒雄さん):ようやく行われた施政方針演説、この人にしては割とおとなしい感じの内容でしたが、それでも様々な批判が出ました。筆者の渡部さんが注目したポイントと、評価は?

 

「有志連合の軍事関与」もあり得るベネズエラ危機の「深刻度」(中南米の部屋・遅野井茂雄さん):経済破綻で国民は窮乏しているのに、国際支援物資は国境外で足止め。欧米諸国は暫定大統領を正式に承認しましたが、果たして政権は変わるのか。このままでは「重大事変」も起こり得ます。

 

「油価操作」疑いで「OPEC訴追」が可能「米法案」は成立するか(エネルギーの部屋・岩瀬昇さん):OPECが石油価格を操作している! とはトランプ大統領の口癖のような非難でしたが、だからと言ってこの人の思考には「常識」が通用しません。さて、この法案はどうなるやら――。

 

17時には、「トランプ『今日のつぶやき』解説付!」(藤原朝子さん)も更新しています。予算が切れる15日を前に、合意にこぎつけた共和・民主両党。政府機関の「再閉鎖」は避けられた模様ですが、壁建設費「57億ドル」はもちろん満額回答とはいかず――。トランプ大統領の「口撃」は続きます。

 

そして本日の更新記事は、平井久志さんの「ようやく開催『第2回米朝首脳会談』水面下の『激烈交渉』」(1)(朝鮮半島の部屋)です。今月27~28日、ベトナム・ハノイでの開催が決まった第2回米朝首脳会談。ここに至るまでにいったいどのような交渉や駆け引きがあったのか、最新動向も含め、全4回の短期集中連載でお届けします!

 

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」で常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
キャンペーンお申し込み
フォーサイトのお申し込み
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top