インドシナから消えた「ロシアの影」と席巻する「チャイナマネー」

プノンペンに増え始めた高層ビルはすべて中国資本(筆者撮影)

 

 筆者は最近、大学の委託研究で35年ぶりにカンボジアの首都プノンペンを訪れたが、かつて見たポル・ポト政権崩壊後の「焼け跡」からすっかり復興し、活気にあふれていた。当時は原始資本主義のような混乱の中、ソ連人とベトナム人が市内を闊歩していたが、その影は一掃され、代わって中国人が大量進出していた。インドシナをめぐる国際環境は激変し、中国がカンボジアをどう改造するかが壮大な実験となりつつある。

イオンの隣の幽霊屋敷

 プノンペン南部の一等地に2014年にオープンした日本のスーパー「イオンモール」は、フードコートやシネマコンプレックス、ブランド店など日本と同じ作りで、平日もカンボジア人でごった返していた。巨大な2号店も郊外に誕生し、イオンはカンボジアで計5店の出店を計画している。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
名越健郎 1953年岡山県生れ。東京外国語大学ロシア語科卒業。時事通信社に入社、外信部、バンコク支局、モスクワ支局、ワシントン支局、外信部長を歴任。2011年、同社退社。現在、拓殖大学海外事情研究所教授。国際教養大学東アジア調査研究センター特任教授。著書に『クレムリン秘密文書は語る―闇の日ソ関係史』(中公新書)、『独裁者たちへ!!―ひと口レジスタンス459』(講談社)、『ジョークで読む国際政治』(新潮新書)、『独裁者プーチン』(文春新書)、『北方領土はなぜ還ってこないのか』(海竜社)など。
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top