歴史的「名門商号復活」でも「日本製鉄」の前途大荒れ

執筆者:杜耕次 2019年4月2日
カテゴリ: 経済・ビジネス
エリア: 日本
新社名と同時に就任した橋本新社長だが、前途は多難すぎる(C)時事

 

 4月1日、鉄鋼最大手の名門「新日鉄住金」は、「日本製鉄」へ社名変更した。

 敗戦から5年後の1950年に財閥解体によって旧日本製鉄が八幡製鉄や富士製鉄など4社に分割・解体されて以来、実に69年ぶりの商号復活となる。1970年には八幡・富士合併による「新日本製鉄」へ、2012年には住友金属工業の事実上の吸収合併による「新日鉄住金」へと規模を拡大。頭打ちの国内鉄鋼市場の“ガリバー”から、世界で闘える鉄鋼メーカーへの脱皮を図ってきたが、19カ国に製鉄所を構える世界首位の「アルセロール・ミタル」(ルクセンブルク)や自国内に成長市場を抱える2位の「宝武鋼鉄集団」(中国)の背中は遠ざかるばかりだ。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top