それでも「原発」にしがみつく「中西経団連会長」の経営感覚

執筆者:杜耕次 2019年5月7日
母体企業「日立」ですら撤退した原発事業にしがみつく経団連会長の感覚が問われている(C)時事

 

 5月末に任期2年目を迎える経団連会長(「日立製作所」会長)の中西宏明(73)の発言が物議を醸している。

 今年に入り、まず1月15日の定例記者会見で「(原発の)再稼働はどんどんやるべきだ」と声を上げ、報道各社による個別のインタビューでは、国民の理解を得るため「真剣に一般公開の討論をするべきだ」と主張していた。ところが、この発言を受けて元首相の小泉純一郎(77)が顧問を務める「原発ゼロ・自然エネルギー推進連盟」(原自連)が公開討論会の開催を提案すると、「エモーショナル(感情的)に再稼働に反対する人たちと議論はできない」と拒否した。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
comment:13
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 最新コメント
  • 最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top