【月】食考学、東日本大震災、阿川さん、
   灼熱、トランプ訪日(後編)

執筆者:フォーサイト編集部 2019年6月10日
カテゴリ:

金曜午後から週末にかけて、以下の4本の記事をアップロードしました。

【イタリア・シチリア】『ゴッドファーザー』ドン・コルレオーネの甘味(世界漫遊「食考学」の旅・野嶋剛さん:『ゴッドファーザー』の舞台になったマフィア発祥の地、イタリアはシチリアで、映画にも登場した焼き菓子「カンノーロ」を堪能! カリッとした外皮の中からトロトロのクリームが――。

 

【魂となり逢える日まで】シリーズ「東日本大震災」遺族の終わらぬ旅(3)(寺島英弥さん):食べること、眠ることもできず、気が狂いそうで死にたかった――。幼くても大人になっていても、子供を失う親の辛さに代わりはない。遺族たちはどう乗り越えていったのか。

 

トラウマの豚(やっぱり残るは食欲・阿川佐和子さん):夫の「酢豚丼がものすごくおいしかった」という一言で、長年避けてきた圧力鍋を買った阿川さん。タケノコ、ジャムと作り、夫が酢豚と間違っていた「あるもの」に取り組みました。

 

灼熱――評伝「藤原あき」の生涯(55)(佐野美和さん):順調な滑り出しの「藤原歌劇団」には、オーディションで続々と若い新人たちが集まってきた。そんななかでひときわ才能を輝かせる18歳のソプラノに、義江は大役を抜擢。後に2人は深い関係に陥っていくのだが……。

 

金曜17時には、『トランプ「今日のつぶやき」解説付!』(藤原朝子さん)も更新しています。「ノルマンディー上陸作戦」75周年式典への参加に合わせて行われた今回の欧州訪問ですが、イギリスでもフランスでも、トランプ大統領の「友好アピール」が空回りしているようです。

 

そして本日の更新記事は、高木徹さんの『「戦争広告代理人」が分析する「トランプ訪日」(後編)』です。最大級の「おもてなし」が目立った、先月の大統領訪日。ではその成果を、米メディアはどのようにとらえているのでしょうか。かつては共和党支持者だった「戦争広告代理人」の分析を、高木さんが紹介します。

 

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
クローズアップ
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 最新コメント
  • 最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top